最近のトラックバック

ブログパーツ

無料ブログはココログ

2012年1月27日 (金)

春節

201201263236 今年度最後の横浜での授業の後、晩ご飯を食べに中華街へでかけました。
今週はちょうど春節にあたるので、あちこちにこうした飾りつけがされています。山下町公演にも、関帝廟にも赤いランタンが吊されていて、華やかです。
街もさぞかし賑わっているだろうと思ったのですが、意外に人が少ない。中国人観光客の姿はチラホラ見えるものの、どこのお店もすいています。寒いせいでしょうかね。

翁順楼を覗いたら、お客が一人もいなかったので、そこで晩ご飯にしました。小さなお店ですが、味は良いんですけどねぇ。これじゃかわいそうだなぁ。

201201263242 食事の後、例の天龍菜館まで足を伸ばして、お土産に蘿蔔糕(大根餅)を買いました。お正月と言えば、やっぱりこれですよね。年糕もあったけど、甘くてたくさん食べられないので、こっちにしました。
帰って早速食べましたが、美味しかったです。

帰り道、地下鉄の駅の手前で491HOUSEの前を通ったら、ちょうどJAZZのライブが始まったところでした。毎週この店の前を通るのですが、お昼なので当然のようにやってない。一度入ってみたいなあ、と思っていたので、ついふらふらと中へ。いかにも横浜のジャズバーというのがぴったりの昭和の香り漂う店内です。SAX,GUITAR,BASSというトリオの演奏を聴きながら、食後の一杯を飲んでしまいました。
思わず「ハマでジャズ、ハードボイルドだど」とつぶやいたら、すかさず「50歳以下の人にはわかりませんって」というツッコミコメントがきました。だろうね。内藤陳さんの冥福を祈って、もう一杯おかわりしました。

2011年11月11日 (金)

天龍登場!

201111102948 といっても春秋園じゃないよ。
中華街制覇計画、今週は天龍菜館です。ガレージを改装したような店で、お世辞にも美味しそうには見えない。お客は誰も入ってなくて、店番のお兄ちゃんが暇を持て余している様子。普通の人ならまず入らないでしょう。それでも僕のうみゃあセンサーが反応しました。
注文したのは、骨付き鶏肉とキクラゲと百合の花の煮込み。定食でなんと500円!出てきたのは期待した以上のものでした。シンプルな味付け、センスのカケラもない盛りつけ、地味な色合い、おまけにご飯はボソボソしていて、スープはぬるい。
もうこれはほとんど本場中国の大衆食堂の味です。見た目は悪いけど、うまいです。天龍菜館、やばすぎるやみつきになりそうです。店頭で売られている蒸しパンや大根持ちも激安でうまそうです。また、来ようっと。

2011年10月 7日 (金)

中華街制覇への道

201110062884 9月から週一回の中華街通い、再開いたしました。
今日は上海料理が食べたくなったので、関帝廟通りの三和楼へ。
イカとモツとキノコの炒めものにワンタンスープです。まずスープを口に含んだ瞬間、「うすっ」。思わず塩を足そうかと思ったくらい。このところ四川料理や北京料理といった濃いめの味付けの店が続いていたので、ものすごく薄味に感じます。でも、しばらく食べているとあっさりしていておいしいです。やっぱり子供の時から食べつけている上海料理は舌になじみます。
この店でびっくりしたのは、おしぼりが立派な漆耳杯に乗って出てきたこと。「おおっ」と思って、写メ撮ろうと思ったら、速攻でお姉さんに持って行かれてしまいました。見たい方は、食べに行ってみてください。壁には「上海蟹入荷しました」の貼り紙が。上海蟹、しばらく食べてないなぁ。

201110062885 授業までまだ時間があるので、日本大通りのモスのテラスで、モヒートジンジャエールを一杯。
ここで、iPadからブログを更新しようと思ったら、写真がアップできないことが判明。iPadからはfacebookにも写真がアップできないし、ブログ書きには使えないみたいです。残念。早く対応してくれぇ。

2011年9月17日 (土)

新秋刀魚

2学期の授業が始まり、週一回の横浜中華街通いも再開です。

先週は中秋節を前に月餅を探して歩いて、去年同様翠香園でお目当ての「金華ハム入り月餅」を買いました。今年は食べくらべてみようと、自家製月餅を売っている店はほとんど回ったのですが、他に金華ハム入りを置いているところはありませんでした。「大珍楼にある」という噂を聞いて言ってみたのだけれど、残念ながら空振り。ちなみに翠香園は料理の方も素晴らしいです。

晩飯は毎度おなじみJOYNUS地下の北浜へ。
201109152806_2  「肉より魚」派の僕としては、おいしい魚の定食がリーズナブルな値段で食べられる店があれば満足なのですが、これが意外とないのです。その点、この北浜は「ブリの刺身とブリ大根のセット」などというたまらんメニューがいつでも食べられる理想の店です。
それにもうひとつのこの店の素晴らしさはウエイトレスさんたち。全員キャリア40年以上と思われるおねいさんたちの過不足ない接客と、注文を取る塩辛声は、本当に心落ち着きます。

今日は新サンマが入っていたので早速いただきますました。
僕の数少ない美点のひとつが、魚をきれいに食べること。別名「猫泣かせ」。この店じゃないけど、店員さんたちがわざわざ見に集まってきたことがあります。
今日も、おいしくいただきました。ごちそうさまでした。

2011年7月25日 (月)

新宿内藤の八房唐辛子

201107242582 七味唐辛子のもと(原料)をいただきました。 
唐辛子・陳皮・罌粟・麻の実・青海苔。
あれっ、これじゃ五味だね。
そこで家にあった黒胡麻と赤紫蘇を加えてみました。
横から見ると層になっていてキレイですね。
これをミキサーにかければ、

201107242584

はいっ、自家製七味の出来上がりです。

さて、何にかけようか。

七味のペペロンチーノ?

それもいいかもね。

2011年1月31日 (月)

中華街制覇計画(未)

今日で、今年度の受験生相手の漢文の授業が終わりました。
仕事のあとの中華街でのランチも、しばらくお休みです。

去年の4月から始まった中華街制覇計画ですが、意外に苦戦を強いられております。それというのも、中華街のランチは今やデフレ状態で、600円台は当たり前、500円台に突入している店もある。その結果、どこもあまり代わり映えのしないメニューになって、酢豚、麻婆豆腐、エビチリ、チャーハン・・・、別に中華街でなくても食べられるようなものばかり。結局、多くの客が自分の知っている料理しか頼まないということもあるんでしょうね。中華街ならではの珍しいものを食べたい僕としては、結構フラストレーションがたまります。
そんな中で、印象に残ったランチをいくつか。

201004211351 こちらは以前にも紹介した天外天の豚レバーの泡辣椒炒め。四川料理の老舗だけあって、他とはちょっと違うところを見せた一品でした。

泡辣椒という調味料をこれで初めて知りました。発酵調味料だけあって、旨みがあって美味しかったです。

201006021515 こちらは干し豆腐の炒め物。薄味で上品な味です。これを食べた桃花は中華街でも珍しい江浙菜(浙江料理)を出すお店で、僕のお気に入りのお店だったんですが、残念なことに昨年暮れに閉店してしまいました。
今中華街を席巻している四川料理も確かにおいしいのだけれど、やはり田舎料理の感は拭えない。江浙菜のやさしい上品な味は棄てがたいです。古来あまたの文人たちが四川省に流されてぶーぶー言ってたのは、気候のせいばかりじゃなく、料理のせいもあるんじゃないかな。

201006231555 こちらはウナギのチャーハン。

お店の名前は忘れました。たしか長安道あたりの店だった気がします。
味の方は、まあ、予想通りでした。
でも珍しいから、GOOD!

201010271811

これは揚州酒家のマコモだけの炒め。

こちらも揚州料理らしい上品なお味でした。

201012011865 今、僕の一番のお気に入りは、こちら翁順楼さんのランチ。去年の11月にオープンしたばかりの小さなお店ですが、手抜きのないいい仕事をしています。
僕のお気に入りの店は、大通りではなく、香港路と中山路の間の細い路地にある小さな店が多いです。
毎週、自然と足は関帝廟の方へ向かい、そこを曲がって路地の方へと入っていってしまうのです。

201101261975 これは先週食べた馬さんの店本館の白菜と豚肉鍋。冬はやっぱりこれに限ります。これもランチで600円台。
僕の席のすぐ前に、有名な馬爺さん(御年八十ン歳)が座ってご飯を食べていたのですが、僕がこっそり鍋に黒酢を垂らして食べているのを目ざとく見つけて、「うんっ、黒酢ちょっといれるとおいしいね」と、お褒めにあずかりました。

で、今日は日曜日、中華街大通りや関帝廟通りは観光客でいっぱいなので、それを避けて大珍楼本店の2階へ。ここは一見さんはあまり来ないので、日曜日でもわりとすいています。ひとりで食べ放題を頼み、腹一杯詰め込みました。

また、来期の中華街だよりをお楽しみに。

2010年9月22日 (水)

中秋節

201009221730
今年の中秋節は、ちょうど横浜校で授業だったので、当然のように中華街へランチに出かけました。
昔、中秋節の直前に香港に旅行したら、町中がかなり盛り上がっていたので、期待したのですが、中華街は思ったほど盛り上がっていませんでした。ご覧のようなポスターを貼っている店もありますが、むしろ来月1日の国慶節のポスターの方が圧倒的です。
なんたって、来年は革命100周年ですからね。
仕方がないので、ひとり中秋節を祝うべく、塩卵入り月餅をいくつか買ってから、食事をすることに。
最近の中華街は四川勢力が圧倒的で、四川料理の雄たる重慶飯店の増長はすごいです。でも、今、喉から血が出るほど咽喉が腫れ上がっているので、四川料理なんか食べたら悶絶してしまいます。

そこで、やさしい中華料理を求めて、かねてから行こうと思っていた老舗中の老舗を訪れることにしました。

201009221732 それが、こちら安楽園です。
この店はすごいです。ゴテゴテピカピカ、派手な看板を競い合っている中華街で、この店はご覧の通りメニューもディスプレイもありません。よく見ないとやっているかどうかもわからないくらいひっそりと営業中です。営業中と気づかずに入り口に腰掛けて肉まんを頬張る人たちが後を絶たないので、「玄関前での飲食はお控え下さいますようお願いいたします」と、これまたよく見ないとわからないくらい控えめな貼り紙が貼ってあります。
扉を押して中へ入ると、昭和40年代へタイムスリップしたような店内。外の喧噪が嘘のような静けさの中、お客は僕一人。頼んだ海老焼きそばが出てくるのを待つ間、中華街贔屓だった祖父もここに座ったかもしれないなどと空想に耽ってしまいました。
出てきた焼きそばは、予想通りのやさしい懐かしい味がしました。
2階は畳の座敷だそうです。僕の卒寿のお祝いはぜひこの店でやってもらいたいと思います。(その時まであればだけど)

2010年9月15日 (水)

LaLa御殿場、残念!

201009121676 やまねこパパの84回目のお誕生日のお祝いに、LaLa御殿場のレストランTuttiに食事に出かけました。前から箱根に行くときに、途中にあるあの地球防衛軍の本部みたいな建物は何だろうと思っていたのですが、実はオムロンの保養所で、最近リゾートホテルへと模様替えして営業を始めたとのこと。レストランへは、かのウインザー洞爺湖の稲葉シェフを引き抜いて、ネット上では評判も上々のようです。
というわけで、かなり期待して出かけたのですが、結果は少々残念なものに・・・。
もちろんどれも決してまずくはなかったのですが、印象に残る料理は一皿もありませんでした。値段に関係なく、腕のいい料理201009121678 人のいる店では、一口食べて思わず「むふっ」って言ってしまう品が一皿か二皿はあるものなのですが、残念ながらそれがひとつもなかった。確かにどれも凝ってはいるのですが、それがかえって素材の持ち味を殺してしまっているように感じました。
これはあくまで想像ですが、団体客ばかり相手にしているうちに、いつのまにかハードルが下がってしまってたのではないか。スタッフが料理の説明をするのを聞いていて、ちょっとお客をなめているような感じがしました。稲葉シェフが、他の店に移るのは、そう遠くないような気がします。
ちなみに、デザートの皿にチョコで書かれたパパの名前は、しっかり間違っていました。

2010年2月18日 (木)

ち・よ・こ・れ・い・と

Chocolat 今年もマダムばびこから、バレンタインに手作りチョコをいただきました。
今年のヒットは、シャンパンイチゴとカルヴァドス。このふたつはすぐにも商品化できる美味しさ。
個人的にはローズマリーのがよかった。
ゴボウのは、もっとゴボウの香りを利かせてもよかった。惜しい。

でも一番インパクトがあったのは、お醤油とキャラメルとピーナッツ!強い個性の者同士が、一体となって、強烈に主張してくる。まるでピーナッツ味噌のような味でした。もちろん、まずくはなかったです。
来年は、ぜひ大徳寺納豆に挑戦してみてください。

2009年3月17日 (火)

一月遅れのチョコレート

Choco2009 バビコさんから、ホワイトデーに毎年恒例のチョコレートをいただきました。
バビコさんは今年、ミセス・バビコになられたのですが、旦那さんは某有名ホテルのパティシエでいらっしゃるとか。うらやましいです。
でも、やまねこは、お嫁に行くならお寿司屋さんがいいな。失礼しました~sweat01

今年のチョコのラインナップは下記のとおりです。

Choco09
お酒シリーズです。上から、

パスティス
マッコリ
日本酒(辛口)
日本酒(甘口)
芋焼酎
カルバドス

です。パスティスは前からチョコにして欲しいなと思っていたので、ヤッターbleahです。今度は、OuzoやAbsinthe Trenetでもお願いしたいです。あとShartreuse Jauneなんかもぜひ。
意外だったのは、マッコリ。むちゃくちゃチョコに合います。これは商品化も出来ると思います。マッコリにも、甘口・辛口いろいろあるということを、最近知ったのですが、チョコには甘口のマッコリが合いそうです。
カルバドスは、いわずもがなの美味しさ。でも日本酒と焼酎は思ったほどじゃありませんでした。芋焼酎なんてもっと来るかと思ったんですが。泡盛の古酒くらいでないと、チョコに負けちゃうのかもしれませんね。

最近の写真