最近のトラックバック

ブログパーツ

無料ブログはココログ

2012年7月20日 (金)

今年の屋上菜園

201207173715 今年の屋上菜園は、去年よりもさらにパワー-アップです。

正面はグリーンカーテン用で、右から四角マメ2株、ゴーヤ4株。
左は手前から、金時草、アボカド、エゴマ、バジル、サトイモ、伏見唐辛子にトマトです。

右側のゴーヤのプランターからは、勝手に生えたトマトが。土作りの時に、去年のプチトマトがまだ実をつけていたのを、面倒くさいので一緒に鋤き込んでぢまったら、そこから発芽してしまったようです。
今年はこれだけではありません。

201207173716 反対側には、トマトのプランターが3基。
左のふたつはプチトマト、右からふたつ目はトマトジュース用の品種凜々子です。
一番右はおなじみムカゴのなるヤマイモです。

201207113689 今年の初収穫は、ごらんのゴーヤ3本と伏見唐辛子3本です。

もちろんおいしくいただきました。

2011年12月17日 (土)

トマトソース

201112023054屋上菜園で栽培していたミニトマト(アイコ)がボウル一杯になりました。当然一ぺんには採れないので、時々赤く熟した物を摘んでは冷凍庫に保存するということを5回くらい繰り返して、ようやく1㎏ぐらいになったので、トマトソースをつくることにしました。

予想通り、冷凍したものに水をかけて解凍すると、湯むきしなくても面白いように皮がつるつるむけます。
これを水は一滴も使わずに、オリーブオイルとニンニク、塩コショウだけで煮たものがこちら。

201112023056 出来上がったトマトソースは、そのまま冷凍庫へ。
冷凍庫でしばらく寝かせると、コクが増すので、とりあえずはしばらく寝かせておくことにします。

2011年10月 2日 (日)

秋の収穫祭

201109302858 トマトとパプリカが採れました。

4種類植えたゴーヤは相変わらず絶好調で、特に白ゴーヤは毎日のように実がなっています。幸い白ゴーヤはまだ珍しくてスーパーでは売っていないので、人にあげてもいやな顏をされないのをよいことに、あちこちにおすそ分けしています。

トマトは、去年種から育てたらほぼ全滅したのに懲りて、今年はちゃんと接ぎ木をしたアイコの苗を植えたら、真っ赤な実がなりました。
さっそくバジル(これも自家製)を使ってトマトソースを作って冷凍しました。自家製トマトソースはやはりコクがないのですが、冷凍して少し寝かせるとコクが増すような気がします。

パプリカの方は、去年6本植えたうちの2本が枯れずに2年目を迎えて、夏から盛んに実をつけていたのが、ようやくキレイに色づいてきました。明日はパスタでも作るかな。

2011年8月29日 (月)

今年の収穫

201108232700a こちらが今年最初のゴーヤです。
今までで一番でかいです。
さっそくゴーヤチャンプルにしていただきました。
肉厚でおいしゅうございました。

201108282712a 今年の屋上菜園は、始めたのが遅かったせいもあって、今が真っ盛りです。

ゴーヤは今年、太いの、長いの、白いの、濃いの、の4種類5株を植えました。数は去年ほどではありませんが、今年のゴーヤは大きくてみずみずしいのが特徴です。

ちなみに左はミニトマト(アイコ)と、越冬して2年目を迎えたフルーツパプリカ。

手前は、右から青ジソ、アボカド、香菜、バジル、ニラ、そしてネギです。

相変わらず食えないものは植えない、というポリシーは堅持しております。

201108282708a こちら、採りたてのゴーヤ。
真ん中の白ゴーヤは熟しかけてメロンみたいな色になっています。

生だと結構苦いですが、火を通すと青いゴーヤよりも苦みは少ないですね。
生食するとサクサクして歯触りがいいので、サラダにしてもいけると思います。

2010年7月27日 (火)

今年の初物

201007171604 お待ちかね、今年のゴーヤがようやく実り始めました。

スズメが毎朝ゴーヤの花をむしってしまうので、今年は実の着きがよくないです。

それでもなんとか最初のゴーヤが食べられるくらいまで育ちました。

というわけで、さっそくゴーヤチャンプルーにしていただきました。

201007181608_2 豆腐は、塩水で茹でて固く締めます。

フライパンに油を熱して、切った豆腐を並べて、じっくり焼き目をつけていきます。

両面に焼き目がついたら、スパムとゴーヤを入れて炒め、ゴーヤがしんなりしてきたら塩コショウ、ダシ、しょう油、その他(秘密)で味をつけ、最後にとき卵を入れて、強火で炒ってゆくと、水分が卵に閉じ込められてパラッとした出来上がりになります。

201007131587
一方、こちらもようやく色づき始めたフルーツパプリカ。
右から、オレンジ、イエロー、レッドです。

緑の実がなってから色づくまでに、かなり時間がかかりました。

というわけで、こちらも収穫。

さっそくパスタにします。

201007131589
ワールドカップを記念して、フルーツパプリカとパウル君のスパゲティです。

あわれぶつ切りになったパウル君と一口大に切ったフルーツパプリカをたっぷりのオリーブオイルとニンニクで炒め、バルサミコと自家製バジルで香りをつけました。

あっさりとした中にも、タコとパプリカの甘みが生きた夏らしい一品です。

パウル君、ごちそうさまでした。

2010年6月27日 (日)

エアポテト、キター

201005251505 サカタのタネからエアポテトが届きました。
エアポテト、そうです。あの実際は何もないところで芋掘りをする恰好をしたり、ふかした芋をハフハフ食べるふりをしたりするアレです(嘘)。
本当は、土中ではなく空中になる芋で、南米原産のヤマイモの仲間のようです。ムカゴがなるくらいだから、うちの屋上菜園でも育つのではないかと苗を注文してみました。

201005251507 届いた段ボール箱を開けてみると、中には上のように段ボールの筒が2本。中を覗くと、葉っぱとツルらしきものが見えます。

というわけで、さっそく屋上でスタンバイしている大きなプランターに植え替えることにしました。無事つくだろうかという心配もものかわ、さすがに生命力の強いヤマイモだけあって、みるみる生長してゆきます。ソフトボールほどもある巨大ムカゴが収穫できるのは秋以降らしいです。楽しみ。

201006251561 今年は春先の気温が低かったせいか、5月の連休明けに蒔いたゴーヤの種がなかなか芽を出さず、もうだめかとあきらめかけていたのですが、6月に入って気温が上昇すると次々と発芽して蔓を伸ばし始めました。

でもって、これが現在の空中菜園の状況です。
左奥のハート形の葉がエアポテト、右奥がゴーヤ、左右の手前緑色の実をつけているのはフルーツパプリカ(レッド・オレンジ・イエロー)三色植え。その間に挟まるように見えているのが、バジルとルッコラ。左隅にちらっと見えているのは葱坊主と里芋の葉っぱです。

201006271564 これはハバネロとミニトマト.。ミニトマトの周りにポソポソ生えているヒゲみたいなものはニラの若芽です。
ここには写っていませんが、イモが出来ていてびっくりしたヤマイモも書庫の屋根に届くほど元気に伸びています。

花を愛でるものはひとつもないです。すべて食えるもの、しかもほとんど手がかからなくて勝手に増えるものばかり。菜園主の意地汚さがそこはかとなくにじみでている空中菜園でした。

最近の写真