最近のトラックバック

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

天龍菜館で忘年会

201112303171 29日から大晦日までの三日間は横浜での仕事なので、30日は横浜に泊まることにして、友人のO先生、N女史と中華街で忘年会。N女史は二日前に杭州から帰って来たばかりとか。
今年最大の発見である天龍菜館で、ディープな中華料理にひたりました。
狭い店内、我々以外は中国人の団体が一組だけで、店内はほとんど中国の下町状態。
写真は、鶏肉と栗の煮込みに水餃子。見た目は地味ですが、うまいです。

201112303172 こちらはこの店の名物料理陳皮豚肉餅(豚肉の蒸しもの陳皮風味)です。豚肉は挽肉ではなく包丁で叩いてあって、陳皮が効いて桂花陳酒のような甘い香りがします。今まで食べたことのない味です。一口口に入れた瞬間???という感じで、どうかなと思いましたが、意外にどんどんいけてしまうから不思議。
このあとに食べた酢豚も、衣がカリッとしていて中は柔らかく、絶品でした。
全体に甘い味付けで、四川系激辛料理全盛の中華街にあっては、まさに異色の存在だと思います。

しかも、3人でこの他にも数品頼んでたらふく食べて、紹興酒を2本空けて、一万円でお釣りがくるコストパフォーマンスの高さ。
かなり中華を食べつけた人でないと、見た目で引いてしまう可能性が高く、決して万人向けではない、お客を選ぶ店だと思いますが、僕的にはツボにはまりました。今宵のゲストお二人にも、満足していただけたようです。
毎月来てもいいな。今度は誰を誘おうかな。

2011年12月17日 (土)

コールラビのゴルゴンゾーラソース

201112163122 コールラビをいただきました。
株みたいですが、ブロッコリーに近い仲間らしいです。
下の赤いのは次年子(じねご)カブという東北地方の赤カブの仲間です。

そこでコールラビを中心にメニューを組み立ててみました。

201112163125 出来上がったのがこちら。
鶏もも肉の香草焼きをメインに、コールラビのグリルと次年子カブのグラッセをつけ合わせにしてみました。コールラビとカブには、ゴルゴンゾーラチーズのソースをたっぷりとかけました。
鶏も、皮はパリッと、肉はジューシーに仕上がりました。

おいしゅうございました。

トマトソース

201112023054屋上菜園で栽培していたミニトマト(アイコ)がボウル一杯になりました。当然一ぺんには採れないので、時々赤く熟した物を摘んでは冷凍庫に保存するということを5回くらい繰り返して、ようやく1㎏ぐらいになったので、トマトソースをつくることにしました。

予想通り、冷凍したものに水をかけて解凍すると、湯むきしなくても面白いように皮がつるつるむけます。
これを水は一滴も使わずに、オリーブオイルとニンニク、塩コショウだけで煮たものがこちら。

201112023056 出来上がったトマトソースは、そのまま冷凍庫へ。
冷凍庫でしばらく寝かせると、コクが増すので、とりあえずはしばらく寝かせておくことにします。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

最近の写真