最近のトラックバック

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ナスがまま | トップページ | 秋の収穫祭 »

2011年9月17日 (土)

新秋刀魚

2学期の授業が始まり、週一回の横浜中華街通いも再開です。

先週は中秋節を前に月餅を探して歩いて、去年同様翠香園でお目当ての「金華ハム入り月餅」を買いました。今年は食べくらべてみようと、自家製月餅を売っている店はほとんど回ったのですが、他に金華ハム入りを置いているところはありませんでした。「大珍楼にある」という噂を聞いて言ってみたのだけれど、残念ながら空振り。ちなみに翠香園は料理の方も素晴らしいです。

晩飯は毎度おなじみJOYNUS地下の北浜へ。
201109152806_2  「肉より魚」派の僕としては、おいしい魚の定食がリーズナブルな値段で食べられる店があれば満足なのですが、これが意外とないのです。その点、この北浜は「ブリの刺身とブリ大根のセット」などというたまらんメニューがいつでも食べられる理想の店です。
それにもうひとつのこの店の素晴らしさはウエイトレスさんたち。全員キャリア40年以上と思われるおねいさんたちの過不足ない接客と、注文を取る塩辛声は、本当に心落ち着きます。

今日は新サンマが入っていたので早速いただきますました。
僕の数少ない美点のひとつが、魚をきれいに食べること。別名「猫泣かせ」。この店じゃないけど、店員さんたちがわざわざ見に集まってきたことがあります。
今日も、おいしくいただきました。ごちそうさまでした。

« ナスがまま | トップページ | 秋の収穫祭 »

コメント

本当にきれいに食べますね。

ところで先日、鳥取の鯖寿司をいただいたのですが、やまねこおじさんのグルメ評の中には入っていますか?
過去記事の中にはありませんでしたが、ご存じ?
http://www.komego.co.jp/

ふっふっふっ。見くびってもらっちゃ困る(慢)

米子の米吾、もちろん試食済みです(2010年1月のブログ参照)。鯖をスモークしてバルサミコで締めた変り鯖寿司なども出してますよ。
でも普通のやつは食べたことがないです。お味はいかがでした?子供たちには、鯖寿司はまだちょっと早いねぇ。僕も子供の時は苦手でした。

さっ、さすが…。
あのバルサミコのやつのとこだったんですね。

鯖寿司は初だったので(母がダメだから食卓に上ったことがない)比較することが出来ないのですが、そんなに強くは締めていなかった感じ。
でも生臭さがなくて、どちらかというと初心者でも食べやすい上品な味?

子どもたちはダメでした。Tさんはもとより青魚がダメだから、結局私しか食べず。

賞味期限も間近だったのでやまねこおじさんにあげようと連絡しようかと思いましたが、もう夜だったんでやめたのです。

実は大人になってからも、若い頃はバッテラとかあまり好きじゃなかったんだけど、味覚って意外と歳と共に変ってきますね。

鯖は「生き腐れ」というくらい足の速い魚だから、昔は傷みかけを酢で締めて食べたんでしょうね。だから酸っぱいうえに生臭くて、苦手な人も多かった。
今は技術の進歩で、新鮮な鯖を軽く締めているので、酸っぱくないし、生臭さもない。だから鯖寿司がちょっとしたブームになっているんでしょう。ヘルシーだしね。

戻り鰹が終わったら、そろそろ鯖のおいしい季節。楽しみだなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78922/52751116

この記事へのトラックバック一覧です: 新秋刀魚:

« ナスがまま | トップページ | 秋の収穫祭 »

最近の写真