最近のトラックバック

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 4月のおさかな | トップページ | もひとつプンタ »

2009年4月 6日 (月)

プンタレッラのペンネ

Punta4 またまたプンタレッラをいただきました。
今度は宮城県産のプンタです。

前回の「風船怪獣」のように、真ん中が薹立ちするタイプではなく、水菜やセロリのように結球するタイプです。日本で手にはいるのは、こちらのタイプのものの方が多いようです。
味はどちらも同じで、葉っぱの部分にはチコリのような苦味があります。小松菜や青梗菜のような株がいくつも集まったような形をしていて、ひとつひとつの株の真ん中に、中空になった芯のような部分があります。そこが主な可食部分です。
葉をむしったら、真ん中の芯の部分を縦に細く切って、オリーブオイルを垂らした熱湯でさっと湯がいて、ザルにあげておきます。

前回食べてみて、これはクリームが合うような気がしたので、今回はクリームソースにしてみます。

Puntapasta 鍋にゴルゴンゾーラと生クリームを入れて弱火にかけ、ゆっくりと溶かしてゆきます。溶けたら、白ワインと牛乳を加え、ひと煮立ちさせたら、塩胡椒で味を調えておきます。
ニンニクとパンチェッタとオリーブオイルを入れたフライパンを火にかけ、香りを出してゆきます。そこへ茹で上がったペンネを入れて余分な水分を飛ばしたら、プンタレッラを投入し、油と馴染ませます。
そこへクリームソースを入れてよく混ぜあわせ、最後にパルミジャーノ・レジャーノを入れて、鍋を軽くあおったら出来上がりです。

プンタレッラとゴルゴンゾーラのペンネです。
今回はプンタレッラに火が通りすぎず、ほどよく歯触りが残った出来上がりとなりました。味の方は、何が一番近いかというと、アスパラガスの根元の方が、ちょっと似てるかもしれません。プンタレッラは冬野菜なので、今年の出荷はもう終わりです。あとは、また次の冬までまたなければなりません。プンタ君、また会おうね。

« 4月のおさかな | トップページ | もひとつプンタ »

コメント

こんばんは。Kochanと申します。
プンタレッラつながりで、私のブログ記事からリンクさせてもらいました。うちもちょうど収穫してプンタレッラの花芽のサラダを食べたので。
これ、見るだけでおいしそうですね。ゴルゴンゾーラもペンネも大好きなのですが、それがプンタレッラと一緒になるといったいどんな味わいなのでしょうか。うちのプンタレッラは花芽が出てくるのがかなり遅かったので、これからまだ収穫できそうです。次回にぜひ試してみたいと思います。
よろしくお願いします。
http://blog.kochan.com/

こんにちわ~。
Kochanさん、コメントとトラバありがとうございます。
実は、Kochanさんのブログ、ちょっと前にプンタレッラで検索して訪れたことがあります。プランターでも、こんなに立派に育つんだ-、とびっくりしました。
プンタレッラはあまりクセがないので、いろいろな食べ方にチャレンジできますよね。楽しみにしてます。
また、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プンタレッラのペンネ:

» プンタレッラの利用法 花芽のサラダ [Kochan's ベランダ菜園BLOG - マンションガーデニング、家庭菜園、中華街ランチ、キャンペーン情報等]
今年も、プンタレッラの花芽を収穫してサラダを作りました。 ローマの冬といえばこのプンタレッレの花芽のサラダは欠かせないそうです。 日本ではプンタレッラと呼ばれる事が多いようですが、本家イタリア語では「プンタレッレ」(Puntarelle)と呼んでいるようです。単数....... [続きを読む]

« 4月のおさかな | トップページ | もひとつプンタ »

最近の写真