2013年4月 3日 (水)

お伊勢参り(その2)

お伊勢参り二日目は、朝6時半からの早朝参拝。崇敬会の職員のガイドで1時間半余りかけて内宮を回ります。これが神宮会館に泊まるメリットですね。そう言えば、神宮会館は今年の式年遷宮に合わせて部屋をリフォームをしたようで、トイレやバスルームがピカピカに新しくなっていました。これでこの値段はお得だと思います。
僕たちのガイドをしてくれた職員が、手水舍が前を歩く団体でいっぱいと見ると、機転を利かして五十鈴川の御手洗場の方へ案内してくれたので、より江戸時代に近い参詣ルートを取ることが出来ました。

Fumazu

ちなみにこちらは荒祭宮へ降りる石段の途中にある踏まず石。外宮でも石を撮ったので、こちらも。
お石参り、なんちゃって。

内宮の荒祭宮、外宮の多賀宮は正遷宮に続いて遷宮が行われるため、もう新しい社殿が出来上がっていました。外幣殿は一足早く新しくなっていました。

続きを読む "お伊勢参り(その2)"

| | コメント (0)

2013年4月 2日 (火)

お伊勢参り(その1)

3月半ばに、早稲田大学オープンカレッジの受講生の皆さんとお伊勢参りに行ってきました。

201303144515

昨年度の講義では、「伊勢神宮の虚像と実像~伊勢神宮をよむ」と題して、前期は奈良時代以来の神宮の歴史と神宮をめぐるさまざまな言説を、後期は鎌倉時代から幕末まで十数本の参詣記を読んで参詣者の意識の変化を見てきました。となるとやはり仕上げとしてお伊勢様にお参りしないわけにはゆきません。というわけで、総勢9名でのお伊勢参り旅行と相成りました。

一日目は伊勢市駅を出発して、月夜見宮から外宮参拝~せんぐう館~間の山~古市参宮街道資料館~おかげ横町~神宮会館(泊)。二日目は内宮早朝参拝~朝熊山金剛證寺~二見ヶ浦~塩焼殿神社~伊勢河崎~滝原宮~斎宮歴史博物館~旧伊勢街道~伊勢市駅という旅程で、伊勢を堪能しました。

Iseudon

一日目のお昼はお約束の伊勢うどん。皆さんに「期待しないで下さいね」とよくよく言い聞かせてから行ったのですが、これが意外!これまでさんざんけなしてきた伊勢うどんですが、初めて美味しい伊勢うどんに出会いました。探せば,美味しい店はあるものですね。伊勢は来る度に新しい発見がありますが、今回はいきなり「おいしい伊勢うどん」という大発見が。

続きを読む "お伊勢参り(その1)"

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

楽天ファン宣言!

引き続き蟄居中のカモノハシです。

楽天の星野監督のことはあまり好きではありません。
精神論が大好きな熱血系は基本的に苦手です。
でも、今度ばかりは星野監督を見直しました。
25日に強行開幕を決めたセ・リーグに対して、「こういう状況でやるのはいかがなものか」と疑問を呈し、「選手たちの方がまともなことを言っている」と前日のヤクルト宮本選手の発言を評価したそうです。楽天が開幕延期の最大の原因となった当事者であることから遠慮しつつの発言だそうで、そうでなかったらもっとはっきり「ぶちかましとる」のだとか。
それに較べて、ナベツネ巨人に唯々諾々と従ってしまうセ・リーグの各球団は情けないとしか言いようがありません。読売内部に誰一人「このジジイ、もういい加減に引っ込んでろ!」と言えるヤツがいないというのもなんとも情けない話です。ジャーナリズムが聞いて呆れます。

続きを読む "楽天ファン宣言!"

| | コメント (1)

2009年9月15日 (火)

大阪とんぼ返りツアー

連休を過ぎると授業が本格的に始まってしまい、ほとんど時間がとれないことがわかったので、思い切って大阪まで日帰りで「道教の美術展」のプレ・オープン(内覧会)を見に行くことにしました。
JR東海の格安「日帰り1day大阪パック」で行こうとしたら、2名以上でないと申し込めないとかで、1名でもOKの京都パックにする。「そういう方は少なくない」そうで、要望が多いので10月1日以降、大阪便も1名から申し込めるようになるとか(だったら、もっと早くしろよ)。まあ、京都~大阪は30分なので、在来線や私鉄で移動すればすむ。ただ問題は、京都には朝8時半に着いてしまうこと。内覧会の始まる午後3時まで、どこかで時間をつぶさなければならない。何かいい展覧会はやってないかと調べてみたけど、月曜なのでどこも休館日。おっ、大阪歴史博物館は火曜が休みじゃないか。どれどれ何をやっているのかな?えーと、「伊勢神宮と神々の美術」(爆)上野で悪口を言ったせいだな。神罰てきめん、とはこのことか。ただ、関連企画で「大坂のお伊勢参りとおかげまいり」という独自展示をやっているらしいから、それでも見に行ってみようか。

Iwashimizu というわけで、京都から大阪への移動の途中、久々に石清水八幡宮に寄ってみることにしました。学生時代以来なので、実に30年ぶりの参詣です。駅に降り立つと、「日本三大勅祭石清水祭」のポスターが。なになに「9月15日」(!)くそー、やられた。「宗廟」つながりで八幡にまで手を回していやがったか。神罰、おそるべし。
もちろん、なわけはなくて、旧暦8月15日の神幸祭と放生会を、9月にやっているわけですね。

20090914759 でも、乗客2名のケーブルカーで山上にあがると、ちょうど神職立ちが明日の祭礼の予行演習をしているところで、拝殿の前に立っていたら、普段は閉じられている扉が開いて、中に据えられた神輿を拝むことができました。ラッキー!

左は、「今月のお言葉」だそうです。
三好長慶、なかなかいいこと言うなあ。伊勢もこのくらい謙虚であって欲しいですね。(また、罰があたるかな)

20090914766 こちらはかわいらしい鳩みくじ。木彫りの鳩がおみくじを抱えています。ちなみにおみくじは「吉」でした。「吾が心、清々し」だそうです。
参道をてくてく歩いて下っていくと、途中で猫に出会いました。参道には親子連れの猫が何組かいて、この母猫は人なつこくて、撫でさせてくれました。

20090914771

参道を降りきったところに、前回来たときは気づかなかった「相槌神社」なるものがありました。扁額に「三条小鍛冶」とあります。はて?小鍛冶の相槌を打ったのは伏見稲荷の化身だったはず。なぜ、稲荷が八幡で相槌を打っているのか?あとで調べてみましょう。
放生会は川で行われるようで、放生池は手入れもされず荒れ果てていました。30年前に来たときは、放生池はもっときれいだった記憶があるけどなあ。
20090914782 男山の麓に行教開基と伝える神應寺という禅寺があります。こちらも初めて訪れます。山門をくぐり、急な石段を登っていくと、ちょっと変わった毛色の猫がお出迎え。いきなり頭から突進してきて、こちらの肩に手をかけて「遊んで、遊んで」と甘えてきました。
今日は、どうも猫に出会う日のようです。

続きを読む "大阪とんぼ返りツアー"

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

朔日餅の謎

Asamayama 2日目の朝は、麻吉から歩いて伊勢参宮街道資料館へ。ここは、本当に小さな展示スペースだけですが、かつての古市の様子を知ることの出来る数少ない場所です。ぜひ寄ってみられることをお勧めします。
それから朝熊山金剛証寺へ。快晴で、山の上からは志摩の海が一望できて、まさに絶景です。おちんこ地蔵を見なかったのは、失敗でした。
その後は、内宮前へ戻って、魔王との密約を守って、伊勢うどんを食す。
午後は、斎宮歴史博物館へ。企画展は30日に終わってしまっていたけれど、常設展でも充分見応えがあります。日本全国、動く子良が見られるのはここだけです。
斎宮を堪能した後は、伊勢市へ戻って解散。近鉄で名古屋へ。

続きを読む "朔日餅の謎"

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

伊勢うどんの謎

自民党歴史的惨敗の翌日、学生さんたちのお伴をして、伊勢神宮へ行って参りました。
町は式年遷宮を控えて盛り上がっているかと思いきや、伊勢市駅に降り立ってみると、駅周辺はほとんどゴーストタウンと化していて、改めてコイズミ改革が地方にもたらした傷跡の深刻さを思い知らされることとなりました。
Ujibashi_3 まずは月夜見宮に参ってから世義寺跡を通って外宮へ。外宮では、高宮へ上る下部坂で袖引き石袖摺り石を探す。みんなでわいわい「十七段目じゃないの」「十八段目みたい」などとやって、端から見ると不審な行動をとる。
内宮へ着くと、宇治橋は架け替え工事中で、橋を外から見るという珍しい光景に。
ここでも荒祭宮へ至る石段で踏まぬ石を探して、やはり他の参詣者から不審の眼で見られる。

Horakushaそれにしても、外宮はともかく、内宮のあの過剰に整備された雰囲気は、やっぱりやな感じだ。「清浄・厳粛」の演出が過ぎて、近代が創出した権威が剥き出しだ。神道らしい弛みがなくて、かえってありがたみが薄れてしまっている。
個人的には、ぜひ境内に「末社巡り」を復活させてもらいたいと思う。できれば子良館も復活させて、かわいい子良姿の少女たちがお茶を出したりすれば、「子良、萌え~」という参拝者が押し寄せると思うのだが。
内宮門前のおはらい町を歩いて、法楽舎の跡を見る。石碑が建っているのだが、目立たないところにあるので、ほとんど誰も気づかない。

続きを読む "伊勢うどんの謎"

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

牛に引かれて

Zenkoji1 七年に一度のご開帳中ということで、信州長野の善光寺に行って参りました。
朝のご開帳に間に合うように、新宿発の最終バスに乗って、出かけました。朝4時半に現地に到着したのですが、すでに駐車場は満車、お寺の周囲には長蛇の列が出来ていました。ちょうど中日庭儀大法要の日に当たったこともあって、ものすごい人手です。今日一日で20万人が訪れるとか。
すでに本堂内はぎっしりと人が詰まっていましたが、運良く前立ち本尊のすぐ前の内々陣に席を取ることが出来ました。朝の法要をするお坊さんたちの様子がよく見えます。

続きを読む "牛に引かれて"

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

諏訪の春

諏訪の春
今週は東でも西でもなく、真ん中あたり。
信州は諏訪での調査です。
穏やかな春の日差しに、桜も満開です。
でも、昨晩は飲み過ぎたので、眠いです。

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

西から東へ

西から東へ
出雲から帰って、寝る間もなく、今日はいわきで調査中のカモノハシです。
西に日本海の魚がうまいと聞けば、行って食し、東に太平洋の魚もうまいと聞けば、行って食べてやる。まさに東奔西走の日々でございます。サバ、ブリ、サワラ、アジ、コハダ。魚があれば、この世は天国!

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

ドンぴしゃ

ドンぴしゃ
只今、新横浜に着いたところです。
原稿書き上がりました。
ポメラは原稿書きに特化しただけあって、文字数が出ます。便利です。
リンダも歌い終わりました。
あとは帰るだけです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧