2011年5月 2日 (月)

祭を自粛するということ

震災のあおりで連休も仕事のカモノハシです。

府中の大国魂神社のくらやみ祭りが自粛だそうです。
今年は鎮坐1900年(!)の大祭だというのに、神事のみで祭礼は行わないとか。
大した反対もなく決まったようですが、誠に残念な話です。そもそも祭礼とは神のために行われるものであって、人間の勝手な都合でやったりやめたりしてよいものではないはずです。だからこそ、多くの祭が戦時中も粛々と続けられてきたのです。自粛を決めた神社や氏子たちは一番大切なことを忘れてしまったとしか思えません。

僕の講座「お笑い神道概論」では、「日本のカミさまはヤクザである」と教えています。その心は「理不尽に祟る」から。日本の神の本質は「祟る」ことにあります。何も悪いことをしてないのに、前を通りかかっただけで病気になったりケガをしたりします。言ってみれば、目があっただけでいきなり殴られるようなものです。とにかくおっかないのです。そのかわり、毎月毎年なにがしかのものをお渡しすれば、殴られないばかりか「何かあったらいつでも俺んところに言ってこいよ。力になってやるから」などと頼もしい存在になります。神様もこれとよく似ています。無辜の民にも理不尽に祟るからこそ畏怖の対象となるのです。古い時代の神像を見ると、ほとんど例外なく眉間に皺を寄せて不機嫌な顏をしています。神様はそもそも機嫌が悪い。だから祟られないようにお供えをし、お祭りを欠かさないことが大事なのです。

人々がどんなときでもお祭りを欠かさないようにしてきたのは、このためです。やめたらどんなことが起きるかわからない。もちろん戦争や災害で思うように祭が出来ない時だってあります。そういう時は、「申し訳ありません。今年はこれが精一杯です。お許しください」と謝りながら、一所懸命お祭りをやります。神様だってそんなに話がわからない方ではないですから、「うむ、まあ仕方がなかろう。来年はがんばって盛大にやるんだぞ」とやさしく言ってくださるでしょう。

地震と津波の被害を受け、おまけに原発のせいで避難区域になった福島の相馬の人たちは、それでもなんとか夏に予定された馬追神事を出来ないかと懸命になっています。おそらく東北の他の町の人たちも、夏や秋の祭をなんとかやりたいと考えていることでしょう。たとえつらいことがあっても、みんなで必死に歯を食いしばって祭をやる。我々の先祖は、ずっと何百年ものあいだ、そうやって来たのです。

府中の町には祭が出来なくなるような障害はほとんどありません。ただ、世の中の自粛ムードに歩調を合わせただけでしょう。これでは神社や氏子の長老たちは、祭を商店街のイベントぐらいにしか考えていないと思われても仕方がない。まあ、この辺がもともとイベント性の強い都市型祭礼の限界といえばそれまでなんでしょうが。
それにしても、祭ひとつ満足にやれないで、「ひとつになろう」とか「力を合わせて」とか、薄っぺらな掛け声ばかりが響く東京は、薄ら寒い感じさえします。連休明けの浅草の三社祭も自粛だそうですが、所詮東京の祭は単なるイベントと化してしまっていているということでしょう。情けないことです。

続きを読む "祭を自粛するということ"

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

無縁地展覧会

ぽーにょ、ぽにょぽにょ、カモノハシです。

Nomansland

NO MAN'S LAND
創造と破壊@フランス大使館を観に行ってきました。
麻布の在日フランス大使館が新庁舎に移転したのを期に、取り壊し前の旧庁舎の建物をまるごと若いアーティストたちの展示スペースにしてしまおうという企画です。
ひと言で感想を言えば、美大の学園祭のレベルの高いやつって感じ。
どうせ壊しちゃうので、部屋はもちろん、廊下や階段、トイレや中庭まで、やりたい放題アートスペースにしてしまいました。
大使館の職員の個室をそのままギャラリーにして、各部屋にそれぞれアーティストが自分の作品を展示しているのを覗いて歩くのは、まさに学園祭ノリ。作り込んだビデオ作品を展示しているアーティストもいれば、廃棄される備品を組み合わせてその場で制作した作品も。金庫室や給湯室を使ったインスタレーションがおもしろかったです。
取り壊す建物とはいえ、大使館文化部や商工会議所の公式イベントで、職員や警備員もちゃんと出張っているわけで、マジで遊んでいるところが偉いです。

続きを読む "無縁地展覧会"

| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

リトル・ドラマー・ボーイ!

ここ3日ほど、自分が出ているビデオを、チェックのために50本近く見続けて、ちょっと自分のことが嫌いになりかけているカモノハシです。
よく若い新人歌手で、最初出て来たときはどこにでもいそうなオネーチャンだったのが、見る見るうちにキレイになってゆくのを観て、人に見られるのを意識するってスゴイことなのねと思っていたのだけれど。あれって、オンエアを自分でチェックしてると、自分が他人からどう見えているかがよくわかるので、よりよく見えるように意識して修整を加えてゆくからなんだなぁ、と得心してしまいました。ホント、それくらい自分の欠点がいっぱい見えちゃう。
もちろん、もはや手遅れの(しかも向上心がない)オジサンの場合は、まるで鏡の前のガマガエルよろしく、タラリタラ~リと冷や汗をかきながら、この苦行に耐えるだけなので、決してキレイにはなりません。自分大好きのケムマキ・ケムゾウくんが羨ましいです、ニンニン。

Kiyomizutou さて、週末は恒例の円満井会定例能へ出かけて参りました。
今回は、親友のモリさんがシテを務めるというので、少し早めに出かけたのですが、最初から最後までずっと満席で、びっくりしました。モリさんのおかげでずいぶん能に足を運ぶようになりましたが、それでも終始満席というのは記憶にありません。喜ばしいことではありますが、いったい何があったんでしょう。
さて肝心の演目は「花月」。天狗にさらわれた美少年が、清水寺の門前で父と再会を果たす話で、後半の少年の曲舞や鞨鼓を鳴らしての舞踏が見せ場です。
モリさんは、面を着けても声がきちんと通って、詞章もわかりやすく、上出来だったと思います。舞いはちょっと堅いところも見受けられましたが、それがかえって少年らしい初々しさを醸し出していて、よかったように思いました。
モリさんは、能楽師として、また一歩階段を上がったような気がします。

写真は、去年行った清水寺の子安塔。明治の神仏分離までは、清水寺の山門のすぐ前にあったとされています。花月少年は、清水の門前で、父の求めに応じて舞いを披露したことになっていて、あるいは、この子安塔の前であったやもしれません。

続きを読む "リトル・ドラマー・ボーイ!"

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

ナマステ・インディア

India1 今年も代々木公園で開催されているナマステ・インディア2008へ行って参りました。

東京近郊のインド人とインド・フリークが一堂に会する「インド・フェスティバル」で、二日間でのべ10万人を集める一大イベントであります。

わが家から近いこともあって、ここ数年、毎年のように出かけております。

India2 今年の目玉のひとつ(らしい)張りぼてのぞうさん。
何がすごいのか、よくわかりませんが、かわいいです。
どうやら、本物はもっと大きくて彩色や模様が施され、ねぶたみたいにお祭りの時などに登場するもののようです。

India4 メイン・ステージでは、インド舞踊などのパフォーマンスが繰り広げられておりますが、僕のお目当てはこちら。
有名インド料理店の出店が15ほど出て、だいたいワンコインでカレーやらタンドリー・チキンやらが食べられます。いろんな店のナンの食べ比べなどということもできる。
どの店も長蛇の列が出来ております。僕は、こちらの立派なお髭のシェフ(写真をクリックしてみてね)に惹かれて、ナン&カレーを買おうと並んでいるところです。

続きを読む "ナマステ・インディア"

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

軒端の梅

昨日は、友人のモリさんが初シテを舞うというので、矢来能楽堂へ。
Ume演目は「東北」。シテは和泉式部の霊という、ちょっと聞いただけでも難しそうな役。いつものアンチョコ『能楽手帖』は『隣忠秘抄』を引いて、「この能、幽玄の最上とす。骨の位といひて、名人、心を以て姿にす。下手は姿を以て心にすと、古より申す能なり」と。そんなぁcoldsweats02、姿を以て心にするだけでも大変でしょうが。でも「初心の者にもさするはシナ少なく直ぐなる故もあり」ともあるから、ややこしいヒネリはないので初心者でも演じることはできるが、本当は奥が深い能だよ、っていうことでしょうか。実はシンプルに見えるものほど奥が深いという、まあ、何のジャンルにも当てはまる話ですね。
それにしても、シテって(ダジャレじゃないから)、アイを除けばほぼ出ずっぱりで、1時間以上謡いながら舞うわけで、ものすごい体力と精神力を必要とするんですね。初シテを演じ終えた達成感はすごいだろうなあ。さしずめ、プロ野球で高卒ルーキーが初登板完投したようなもんでしょうか。文字通り「檜舞台を踏む」とは、このことかと改めて思いました。モリさん、課題も見えたけど、今後が楽しみです。
「東北」って、ちょっとおもしろい演目で、僕らが普通イメージする和泉式部とちょっと違うんですね。いわゆる恋多き女ではない。しかも、能で旅僧の前に現れる霊は、当然のように鎮魂を望むことが多いのだけれど、彼女は和歌の功徳によって「歌舞の菩薩」になっちゃってる。つまり、シテにあんまし苦悩がない。咲き匂う梅の花の下で、歌い舞う和泉式部ねえさん、オレッ。この軽みが、この能の魅力ですかね。中世の人の和泉式部観って、ちょっと違ったのかな、って思わせるものがあります。
ねえさんといえば、今年のグラミー賞を総なめしたエイミー・ワインハウスねえさん、久々のスレたおネエさん系で迫力ありましたが、その話はまた今度。

続きを読む "軒端の梅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

羽黒修験

Shoureisai 予定していた調査が中止になったので、成城寺小屋特別講座「写真家内藤正敏が語る、羽黒修験の松例祭」を聴きに行きました。
羽黒修験についてはほとんど知らなかったのですが、いやあ、とにかくおもしろい!!仏教・神道・道教・陰陽道がごった煮の修験道の面目躍如です。当然明治の神仏分離の時には徹底してやられたにもかかわらず、よくここまで復興したと思います。なかでもこの松例祭はすごい。大晦日から元旦に懸けて行われる大松明を使った「鬼やらい」の意味を持ったお祭りなのですが、登場する松聖や、烏と兎、それに松打と呼ばれる正体不明の不思議な神(ポスターに写っているのがそれ)など、見所満載です。
成城寺小屋では、今年の大晦日この祭を見に行くツアーを企画しているとのこと。内藤さんの話を聞いて、僕もぜひ行ってみたいと思ったのですが、残念ながら例によって大晦日の夕方まで仕事が入っているので、断念せざるをえません。でも、絶対おもしろいこと請け合いですので、祭や修験に関心のある方は、ぜひ見に行かれることをオススメします。お問い合わせは、成城寺小屋(TEL044-932-8687)まで。
また松例祭について、どんな祭なのか詳しくお知りになりたい方は、内藤正敏『鬼と修験のフォークロア』(法政大学出版局、2007)を参考にされるとよいと思います。
というわけで、今年も「師走」になってしまいました。僕はといえば、例年と同様、大晦日まで土・日も休みなくほとんど仕事の予定です。ラスト一枚になったカレンダーにびっちり印が付いているのを見ると、嬉しくもあり、またこうやって慌ただしく年の暮れを駆け抜けてゆくのかと思うと、寂しくもあり。ともあれ、師走です。皆様もお風邪など召されませぬよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

告知など

Kudaka_pos_2 またまた間隔が空いてしまいました。

今度の日曜日、成城寺小屋企画の「久高島シンポジウム」が開催されます。場所は、小田急線新百合ヶ丘駅前の新百合21ホールです。
内容は、14:00からの第1部が、野村岳也監督「イザイホウ」の上映。15:00からの第2部はシンポジウムです。シンポの報告者は、小山和行(沖縄学研究所副所長)、波照間永吉(沖縄県立芸術大学教授)、北村皆雄(映画監督)各氏です。
今回の目玉はやはり映画「イザイホウ」の上映でしょう。12年に一度行われる久高島の神事イザイホウは1978年を最後に絶えてしまいましたが、この映画は1966年の神事の貴重な記録映画です。関心のある方はぜひお越し下さい。

ついでにもうひとつ告知を。こちらは明日の土曜日です。
「世界がみつめる中国インディペンデント映画の動向」

講師:朱日坤さん(映画プロデューサー・北京) 通訳あり

 この夏にロードショーされた「長江哀歌」の監督ジャ・ジャンクーなど、インディペンデント映画出身の映画監督がつぎつぎと登場する中国映画の世界。
 
消え去らない悲劇をかかえたままの中国現代史を背景に、経済発展の激流の中で翻弄される中国の人々を、正面から描く中国のインディペンデント・ドキュメンタリーが、いま世界から注目されています。そんな映画のプロデュースを北京で手がけている朱日坤さんに、中国インディペンデント映画の動向を、本邦未公開のフィルムを使いながら、紹介していただきます。

日時:2007年10月13日(土) 午前10:40~12:10
場所:専修大学神田校舎(地下鉄・神保町∪九段下、下車3分)
大学院7号館6階761教室

主催:専修大学土屋研究室 044-900-7933

前回の企画の時はお邪魔しましたが、中国のインディペンデント映画、おもしろいです。今や猛スピードで高度成長を遂げつつある中国。そこには当然様々なひずみを生み出しています。インディペンデント映画には、そうしたひずみに目を向けたものが多いように思います。そういえば、「イザイホウ」が撮られた1966年も、日本はまさに高度成長真っ只中。「イザイホウ」ももちろん独立系プロダクションの制作です。このふたつの企画、はからずも通底するものがあるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

東京の夏

すっかり更新をサボってしまいました。申し訳ありません。
日々のよしなしごとをつれづれなるままに書き記せばよいものを、なんかちゃんと内容のあることを書こうなどと構えるので、つい億劫になってしまうのですね。
サボっている間にも、いろんなことがありました。展覧会報告もしなければいけないし、新しいCDもだいぶ溜まっているし。

Aogashima_event  というわけで、今日はとりあえずこちら。「青ヶ島の神事と芸能」という公演に行ってきました。これは第23回〈東京の夏〉音楽祭2007「島へ―海を渡る音」というイベントの一環としておこなわれたもので、青ヶ島の神事を初めて島の外へ持ち出して実演するという試みです。
 もちろん内容的には直接中世にまで遡れるものではなく、おそらくは江戸時代末期から明治にかけての形を伝えているものだとは思いますが、それはそれで興味深い点がたくさんありました。
たとえば大祓の祝詞と般若心経を続けて読んだり、神主が唱える祭文に合わせて巫女が踊りを踊ったり。もちろん青ヶ島ですから、鎮西八郎為朝にまつわる詞章もあったりします。
 島外でやるのは初めてということで、舞台慣れしていなくて、「次、なんだっけ」とか「ちょっと休憩」などと言いながら、ゆる~い感じで進んでゆくのがよかったです。

Aogasima_1 実は今回の公演の仕掛け人のひとりは山本ひろ子さんで、今日も司会と解説を務めていました。
 山本さんは、今年から活動拠点を大学の外に移し、「成城寺小屋講座」なるものを立ち上げました。実際の運営は、教え子たちが作った事務所がおこない、今後も様々な企画を予定しています。
 というわけで、来る8月18日(土)には、今日の公演で解説を務めた菅田正昭、土屋久両氏と共に「青ヶ島フォーラム2007夏」を開催します。関心のある方は、ぜひどうぞ。詳しくは「成城寺小屋」のホームページで。

Okinawa_le また、9月1・8・15日には、「琉球王朝の祭祀と神話―御嶽・グスクと首里城を訪ねて」と題して、小山和行、波照間永吉両氏を講師に、夏期講座を開催します。3回通しはもちろん、1回だけの聴講も可能です。
 こちらは、9月末に講師をガイドに、実際に沖縄に乗り込むツアーも企画しています。

 などと宣伝をしてきたのでお気づきのように、僕も「成城寺小屋」立ち上げには協力しています。講座に参加したいというお申し出はもちろん、こういうテーマで講座をやってはどうか、という持ち込み企画も大歓迎ですので、なにかありましたらご連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

おひとついかがでしょう

先週、ゼミ専用のブログに、演習の発表についてのコメントを書くために調べ物をしていて、こんなサイトを見つけてしまいました。
こだわり仏像専門店(栗田貿易)
名前の通り、仏像専門店なのですが、何がスゴイって、ネットショッピングができる!しかも品揃えが半端じゃない。Kurita_1932_13661237
Kurita_1932_13613882 たとえばコレ。荼吉尼天、26,040円なり。
彩色のものは、5千円ほどお高くなります。

こちら(右)は、雨宝童子。31,500円なり。
この他にも、八臂弁才天だの三面大黒天だの蔵王権現だの、なーんでもあります。一光三尊仏(善光寺風)なんてのも(「風」って、なんだよ)。画像は載せられませんが、歓喜天だってあります。
念のために言っときますが、フィギュアじゃないです。

Kurita_1929_16544169_1 そして極めつけがコレ!
宇賀神、29,400円なり
これが「カートに入れる」をクリックするだけで、クレジットカードで買えちゃうんだからすごい。
欲しいなあ、これ。

これらは皆、像高20㎝くらいの小さな像で、値段もお手頃価格ですが、等身の不動明王(彩色)とか、像高210㎝の千手観音(樟製)なんてのまである。168万円の千手観音をクリック一発、カートに入れているところなんて想像がつきます?

Kurita_1929_85507154 もひとつ、本気で買おうかと思っているのが、コレ!
三鈷剱、4,725円なり。
ぶら下げて歩いてたら、ぜったい新宿で職質だな。
授業に持っていって、黒板指すのに使いたいっ!

それにしても、三鈷剱はともかく、仏像買っても、素人じゃあ魂入れることできないから、フィギュアと変わんないよね。てことは、やっぱり買うのはお寺なのかなあ。もっとも、宇賀神に魂なんか入れちゃった日にゃ、おっかなくて大変だよね。間違っても、捨てたりできないし。うーん、でも欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

布橋灌頂会

Photo_10 1月20・21日に、青山のスパイラルガーデンで、立山の布橋灌頂会が行われます。以前から観に行っている「声明の会・千年の聲」の公演です。
今、前売りと同時に、布橋を渡る人を募集しています。応募したいところだけど、当然僕は参加できません。誰か応募しませんか。

〈スパイラルホールのイベント案内から〉
「布橋灌頂会」とは江戸時代、女人禁制だった霊峰立山において、女性の極楽浄土を祈願する神聖な儀式。明治時代の廃仏稀釈によって途絶えたものの、1996年に声明の会・千年の聲により復活。この度スパイラルガーデンにて再現されます。白装束で目隠しをした女性たちが僧侶と雅楽に導かれ、白い布を渡した橋を静かに進む……。普段は目にすることの出来ない伝統文化に触れる、貴重な機会です。
Eve_132_p01_1 OPEN 20:00/START 20:30 1F スパイラルガーデン
前売¥4,200 当日¥4,500
お問い合わせ : 魁文舎 tel.03-3275-0220

 友人で立山信仰を専門とするCarolineさんは、たしか現地で布橋灌頂に参加しているはずです。やっぱり立山で見ないと本当の雰囲気はわからないでしょうが、こういう機会はなかなかないので、早速チケットを予約しました。

ちなみに、来週はクラプトンの日本ツアーを観に行く予定。生クラプトンはさほど観たいとも思わないけど、(生クリームはちょっと舐めたい観たい気もする)、デュアン・オールマンの再来といわれるデレク・トラックスと、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの後継者ともいわれるドイル・ブラムホールⅡのふたりの若いギタリストをぜひ生で見たくて、武道館へ出かけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧