2013年1月13日 (日)

新年のご挨拶

皆様、あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します。

Facebookを始めてから、Blogの更新が滞っていて申し訳ないです。授業が始まると忙しくてなかなかBlogを書いている余裕がなくて。
もう少し発信することも考えないといけませんね。

今年の抱負ですが、一応本を出す予定です。内容はまだ秘密ですが。

続きを読む "新年のご挨拶"

| | コメント (0)

2012年12月 6日 (木)

バーチャル参詣

火曜日の早稲田大学オープンカレッジの講座(全10回)がようやく終わりました。
秋学期は「伊勢参詣記を読む」と題して、鎌倉期の『東大寺衆徒伊勢参詣記』から、幕末の橘曙覧『さかきのかをり』まで、週替わりで様々な参詣記をほぼ時代順に読んで来ました。坊さん、尼さん、医者、国学者、有閑マダム等々、色々な立場の人たちが伊勢神宮に参詣して遺した記録を読むのはなかなか面白かったです。
もっとも、毎週準備は大変で、月曜日の11時過ぎにいわきから帰って、資料のプリントを4、5枚作り、さらにその週に読む資料の解題のプリントを作るともう朝になってしまうので、それから風呂に入って1、2時間寝てから出かけるという状況が10週続いたわけで、結構キツかったです。結局、最終講の今週は完徹になってしまいました。

おまけに火曜日は午後に女子大の授業もあるので、後半は高田馬場から五反田まで山手線の逆回りに乗ってひと眠りして復活という裏技も使わなければなりませんでした。

様々な参詣記で、いわばバーチャル参詣をしてきたので、その仕上げとして来春受講生さんたちを連れてお伊勢参りに出かける予定です。
来年度も頼まれているので、やるつもりではいますが、パターンは考えないと身体壊しそうだなぁ。

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

タイムスリップ

ついにBMI値が20の大台に乗ったカモノハシです。

お盆休みに、中学のクラス会に出席のため、日帰りで名古屋まで行ってきました。
中学は岡崎にあったのですが、東京や大阪から来る同窓生のために名古屋駅の上にある店を選んでくれたので、余裕で日帰り参加が可能です。
少し早めについたので、ちょうど所用で名古屋へ出てきていた弟と昼飯を食べて、月末の両親の送り迎えの打合せをしてから、会場へ向かいました。

続きを読む "タイムスリップ"

| | コメント (2)

2012年8月 7日 (火)

アロハ強化月間

201208053809 8月に入りました。

1日から5日まで、いわきの如来寺で恒例の夏期集中調査です。
今年は5日間ともご覧のような素晴らしいお天気に恵まれました。

夏のいわきと言えば、鰹です。
毎日、昼間はお寺でひたすら調査三昧、夜は居酒屋で鰹の刺身と日本酒三昧。4晩で1ヶ月分は飲みました。

続きを読む "アロハ強化月間"

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

LOVE&PEACEの復権

201207163711

代々木公園に原子力戦隊スイシンジャー・ショーを見に行ってきたカモノハシです。

じゃなくて、「さようなら原発10万人集会」に参加してきました。
早めに出かけて一番前に座れたのはいいのですが、炎天下に2時間じっと座っていたら腕が真っ赤に日焼けしてしまいました。
第一ステージで最後のスイシンジャーショーまで見てから、恵比寿までデモ行進しました。

続きを読む "LOVE&PEACEの復権"

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

自転車操業

忙しくて自転車に乗る暇がないカモノハシです。

自転車に乗れないのに、自転車操業は続いていて、とうとう資金が底をつき「カードの引き落としができません」という通知が。うーん、へそくりも『古語大鑑』に消えちゃったし。弱ったなー。

続きを読む "自転車操業"

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

春雪

201202293297

3月は綱渡り、カモノハシです。
例年、3月は大ピンチなので、とにかくお金を使わないように倹約しているのですが、眼をつぶってエイヤッととんでもなく高い本を買ってしまいました。何を買ったかはまた後日。

春の雪は都心でも結構積もりました。写真は中野で見つけた雪だるにゃん。

facebookを始めてから、日々の雑感は携帯やiPadからそちらへ書き込むことが多くなって、ただでさえ怠け者なブログの更新が、ますます怠慢になっております。
近況を知りたい方は、facebookの方へもお越し下さい。

続きを読む "春雪"

| | コメント (2)

2012年2月22日 (水)

自転車に乗って

いつも自転車操業、カモノハシです。

今日は、久しぶりに暖かくて風もないので、風輪丸号で早稲田まで。
まずは図書館へ本を返却に。大久保通りへ出て、戸山ハイツの中を抜けて行くと、きっかり30分で到着。電車とバスを乗り継いで行くのと変らない。ついでにちょっと調べ物。自転車で行くのはお金がかからなくていいのだが、目的地に着いただけでなんだか満足しちゃって、いまいち勉強する気が涌いてこないのが難点だわ。

201202173283

本を2冊ほど借りてから、早稲田通りを東へ、神楽坂まで足を延ばして、来週の結婚祝賀パーティの会場を予約。

再び早稲田にとって返して、今度は定年退職される先生の祝賀パーティの会場を予約。いっぺんに片付いた。
ちょうど入学試験が終わった時間で、受験生がゾロゾロ出てきたので、歩道は走りにくいし、うっかり教え子に見つかったりしてもイヤなので、早々に奉仕園のところから戸山ハイツへ抜けて、歌舞伎町を横断、成子天神の脇を通って帰宅。

往復15㎞ぐらいでしょうか(距離メーター欲しいな)。
最近はどこへ出かけるにも自転車で行くので、心なしかケツが締まってきた気がするが、腹の方はなかなかへこまない。

風輪丸号は、思いっきり目立つ色のせいか、あちこちで見知らぬ人から「いい自転車だね」と声をかけられる。もっといい自転車に乗っている人はいっぱいいるんですがね。
山手通りの整備がほぼ終わって、自転車通行帯のある立派な歩道が出来たので、渋谷方面へ出るのはずいぶん楽ちんになった。でも新宿区はまだまだ歩道が狭くて車道を走らなければならない区間も多いので、身を守るためにも目立つことは悪いことではないわね。

続きを読む "自転車に乗って"

| | コメント (2)

2012年1月 2日 (月)

燃燈所患

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は、論集は出るわ、震災に遭うわで、実に起伏に富んだ年でした。
地震と津波の被害を目の当たりにして衝撃は大きかったですが、どちらも想定以上の大きさだったということで、「諦め」とまでは言わないけれど、受け入れざるを得ない部分はあると思います。自然の猛威の前に人間はいかに無力であるかということを、改めて思い知らされた気がします。
しかし地震がきっかけとなって引き起こされた原発事故は、それとは異なります。もう何十年も前から、ひとたび事故が起きればこういう結果になることが指摘されていたにもかかわらず、すべては「経済」という錦の御旗のもとに、だれもがその警告を無視して来たのです。そして事故は起こった。しかし「王様が裸である」ことが白日の下にさらけ出されてしまった今もなお、大人たちは王様の服のデザインについて話している。このままではダメなんだと言うことに、きちん向き合おうとしていない。
もちろん、大人の一人として、僕にも責任はあります。すでに人生の三分の二を過ぎて、残された時間は決して多くはありません。今年は、今まで以上に、今いわきで起きていることのおかしさや、日本思想史という学問がなぜダメなのかについて、はっきりとものを言ってゆくつもりです。

続きを読む "燃燈所患"

| | コメント (1)

2011年12月29日 (木)

いよいよ最終クール

早いもので、今年も残すところわずか三日になりました。

クリスマスは過ぎてしまいましたが、こんなすてきなクリスマスソングを見つけました。

歌っているローラ鴫原さんは、プロフィールを見ると、ゲーム音樂のコンポーザー&サウンドクリエイターで、歌も歌うけど、必ずしも専門の歌手というわけではないようです。でも、この曲の彼女の歌唱は本当に素晴らしいです。声ももちろんですが、ニュアンスの付け方がとても気に入りました。やり過ぎてないところがいい。特に後半の”Through the years we all will be together”のところなんか、何度聞いてもぐっと来ます。
この曲の歌詞は、オリジナルのジュディ・ガーランドバージョンとフランクシナトラバージョンがあるようですが、彼女はシナトラバージョンで歌っています。日系人のローラさんは、おそらく3月の震災のことを念頭において、この歌を選んだのだろうと思います。シナトラバージョンの方が前向きで明るい歌詞ですから。
でも、僕の個人的な趣味から言えば、オリジナルバージョンの歌詞の方がよかったなぁ。
オリジナルでは最後のところがこんな歌詞になっています。

その日までまたみんなでがんばって/どんな困難もなんとか乗りこえていきましょう/運命が許すのならば・・・/だからせめて今は このささやかではあるけれど/今日というこの日の このクリスマスを楽しく過ごしましょう(JAZZ歌手若生りえさんの訳詞による)

3月の震災で被災された友人知人、そして今もなお原発事故の影響下にあるいわきの知人や教え子たちへ、この曲を贈りたいと思います。

続きを読む "いよいよ最終クール"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧