2012年5月28日 (月)

I Don't Like Mondays

ブームタウンラッツ=カモノハシです。

月曜2時間、火曜1時間、水曜3時間。毎週前半の睡眠時間です。
人間の適応力はスゴイもので、火曜日は午前一コマやって、移動して午後一コマなのですが、夕方帰宅してから居眠りもせずに普通に次の日の予習をして、3時間寝てまた朝イチで出かけます。ちなみに木曜日も1限からですが、水曜日とほぼ同じ内容で予習不用なので5時間ぐらい寝られます。
とはいえ、月曜は4コマ、火曜は新しい講座なので、毎週準備をしていて、「終わらないかも-」と追い詰められるので、肉体的にも精神的にもかなりキツイです。

体調のよくない両親の様子を、時々は見には行きたいのですが、休みが月に2日しかない状況ではなかなか思うようにはなりません。今年は、もう仕方ないですね。

続きを読む "I Don't Like Mondays"

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

重荷

今日はお休みだったので、六本木ヒルズへ久しぶりに映画を観に出かけました。

最初は戦前の上海の風景がよく再現されているという「シャンハイ」を観ようかと思っていたのですが、ネットの評ではあまりいい出来ではないみたいなのでやめにしました。
ただ、祖父母たちが暮らしていた頃の上海の街並みを観てみたいので、DVDになったらレンタルで観るかな-。

続きを読む "重荷"

| | コメント (0)

2011年2月23日 (水)

ずびずばー。

所詮大ぢぬしにはなれそうもないカモノハシです。
例の下の病ですが、順調に回復しつつあります。ただ、毎日お風呂でお尻を充分温めてから、布団の上で情けない格好で軟膏を塗らなければならないのがちょっとあれですが。絶対に他人には見せられない(って、いったい誰が見るんだ、そんなもん)。

でもって、この際下(しり)を治すついでに、上(ハナ)の方も治すことにしました。
もう何年も前からアレルギー性鼻炎で、お酒を飲んだりすると鼻水が止まらなくなるのですが、ここ数ヶ月症状がさらにひどくなった気がします。それをはっきり自覚したのは、先日飲んでいて日本酒bottleの微妙な香の違いが嗅ぎ分けられないことに気づいたから。これはかなりまずいですshock。例の飛行機頭痛も鼻が原因の可能性が高いですし、喘息にも関係があるらしい。
そこで、近くの耳鼻科の医院を探してみたら、わが家の南側にウチより高い建物を建てて、屋上で夜通し大型犬に吠えさせたり、耳障りな金属音のするクーリングタワーを回したりする、近所迷惑なお隣さんが耳鼻科のクリニックであることが判明。こんなヤツに診てもらうのはちとばかり業腹だけど、通院するのにウチから1分という便利さには勝てません。というわけで、おそろしく趣味の悪い待合室(アレは絶対先生じゃなくて奥様の趣味だな)で待つこと5分、診断結果は危惧していた副鼻腔炎(蓄膿症)ではなく慢性鼻炎とのことで、薬をどっさりもらってきました。

まあ、50年も経てば、いくら怠け者で頭も体もあんまり使っていないとはいえ、あちこちガタが出てくるもの。この春休みは、オーバーホールのつもりで、全身のメンテナンスをするつもりです。

続きを読む "ずびずばー。"

| | コメント (0)

2010年12月22日 (水)

レオニー

クリスマスなんか嫌いだxmas!カモノハシです。

ようやく大学の2学期の授業が終わりました。今年はなんだか長かった気がします。

しかし、息つく暇もなく、明日から大晦日まで怒濤の9連戦!!!!!!!!!しかも、すべて1限からなので、毎朝6時起きです。9日間連続で6時起きなんて体育会の合宿みたいな経験は、生まれて初めてかもしれません。果たして無事駆け抜けることが出来るのでしょうか。

続きを読む "レオニー"

| | コメント (0)

2010年4月 6日 (火)

カラヴァッジョ

Caravaggio
久しぶりに映画を観たカモノハシです。

カラヴァッジョ
 
~天才画家の光と影
ぜひ観なければと思いながら、なかなか行けず、今週で終わりなので慌てて出かけてきました。
うーん、結論から言うと、イマイチですかね。
なんだかもったいぶった大仰な演出が空回りしていて、肝心のカラヴァッジオの苦悩が何なのかが伝わってきませんでした。
最後の方で、絵のモデルとなった街娘レナが、カラヴァッジオの光と影について語る台詞があって、「ああ、これが言いたかったのね」とわかるんだけれど、それが映画全体からは感じられません。

「光と影」がテーマというだけあって、カラヴァッジオの絵を意識したと思われる画面の陰翳(撮影監督ヴィットリオ・ストラーロ)はなかなかのものですが、それでも息を呑むほど美しい場面はほとんどありませんでした。ピーター・グリナウェイの「レンブラントの夜警」の方がきれいだったかもしれない。

続きを読む "カラヴァッジョ"

| | コメント (2)

2008年5月10日 (土)

間違い探し

Yasukuni2 「靖国 YASUKUNI」 見てきました。

で、「本当に反日的な内容なのか?」と言われれば、「そう思って見る人には、そう受け取れる部分もある」といったところでしょうか。報道される見た人のコメントが実にまちまちであることから、予想していたとおり、見る人の立場によって、様々な見方が出来るような作りになっていました。
たぶん日本人と中国人では、かなり受け止め方が異なるのではないかという気がします。監督が、計算してわざとそういう作りにしたのだとしたら、なかなかしたたか(悪く言えばズルイ)だと思います。

ただ、ドキュメンタリー映画としての出来ばえはどうかといえば、決して賞をいくつも取るほどいいとは思えませんでした。手放しで褒めている著名人たちの讃辞は、まあ一般映画の宣伝と同じで、かなり割り引いて聞く必要があるでしょう。それでも、見る価値はあると思います。特に若い人たちには見てもらいたいと思います。靖国という場所が、外国人、それも中国人の眼にどういう風に捉えられたのか、それを知るだけでも充分価値はあります。その見方が正しいか正しくないかは二の次の問題で、まずどう見えているのかを知ること、それが相互理解の第一歩ではないでしょうか。

続きを読む "間違い探し"

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

四月馬鹿?

Yasukuni つい先程、4月中旬から公開予定だった話題の映画「靖国 YASUKUNI」の上映を予定していた映画館すべてが、「上映中止」を決定したという報道が流れました。
ネット上でその報を眼にしたのが、0時すぎであったので、これはてっきりエープリルフールのネタかとも思ったのですが、どうやらそうではないようです。
報道されるところによれば、「「具体的な抗議や嫌がらせはないが、不特定多数の人が集まる施設なので、万が一のことがあってはならない」というのが、上映中止を決めた理由だそうです。なんだか、最近どこかで聞いたようなセリフです。でも、あれはえげつない商売で経営者が逮捕されるような高級宿屋の話、こちらは映画という表現にかかわる仕事をしている会社の話です。こちらの方が、はるかに深刻です。

「中国人監督が靖国神社を撮った」というだけの理由で、内容を見もしないで「上映を中止しろ」と騒ぎ立てるなんて、相手が日本だからというだけの理由でサッカー日本代表に心ないブーイングを浴びせる中国の観客と同じレベルだということがわからないのだろうか。少なくとも、自分の目で映画を見た上で、どこが悪いのかということを具体的に議論すべきであろう。それが文化的国家の人間のすることじゃないのか。
 それにもまして情けないのは映画館の運営会社の姿勢である。上映中止を求める組織的な電話がかかってきたのかもしれないが、なぜ「あなたはその映画をご覧になったのですか。もしご覧になっていないのでしたら、ご覧になってから批判や議論をしていただきたい」と言えなかったのか。表現や芸術にたずさわる仕事をしているのだという矜恃や責任感はないのだろうか。しかも世間が暫定税率廃止で騒いでいる時を狙ったかのようなタイミングで、こそっと中止を決めるとは。
 ガソリンが25円安くなるかどうかよりも、この問題の方が影響ははるかに深刻です。暫定税率の問題は所詮経済の問題だから、一時混乱はしても、あとからいろいろ手当をすれば、なんとか収まるでしょう。いや、うまくすれば(今の政府にうまくできるかどうかあやしいが)、前より良い結果になるかもしれません。しかし、この上映中止問題は、どう転んでも良い方へ向かうとは思えないのです。

 4月の頭から、いきなり気が重くなるような話です。公開されたら早速観に行って、授業のネタにしようと思っていたのに。批判も含めて、恰好の教材だったのに。久しぶりに怒りに燃えておりますannoy。上映を予定していた映画館の親会社に、夜中に抗議のFAXをぶちかましてpunch、その勢いでこのブログを書いております。このままではとても眠れそうにないので、酒かっくらって寝ることにします。

| | コメント (0)

2008年2月29日 (金)

団塊の世代への宿題

今日は朝から眼科の定期検診へ。
手術した剥離部分は、くっついているので大丈夫ということだが、やはり網膜に別の病変(黄斑)があるということで、いずれまた手術をしなければならないことになるかもという話。
僕は家系的にも長生きしちゃいそうなので、眼がもってくれないと困るなあ。

Asama などといいながらも、夜は映画を見に行く。
「実録・連合赤軍―あさま山荘への道程」
今日2月28日は、まさにあさま山荘事件が終わった日ということで、若松孝二監督の舞台挨拶つき特別先行上映がテアトル新宿である。
題材からして、胸くそ悪くなるのは覚悟の上で、それでもやはり観に行かずにはいられなかった。事件当時、僕は中学3年生だったけれど、その衝撃はオウム事件の比ではなかったように思う。最も多感で、最もものを考えていた年頃だったせいもあるだろうけれど、あさま山荘に至るあの一連の事件で、僕はいろんなものを見てしまったような気がする。

映画は190分という長尺であるが、長く感じなかったということは、よくできているということだろう。「実録」というとおり、ひたすら事実を再現してゆく。事件を全く知らない若い人にもわかるように、「それでは、ここで説明しよう」みたいな丁寧なナレーション(原田芳雄)が入るので、事実過程をきちんと追ってゆくことが出来る。
自分でも驚いたのは、僕自身、説明されてゆく事件の内容をほぼ正確に知っていたこと、主要メンバーについては、役者さんの顔が映っただけで、それが誰を演じているのかすぐわかったこと。事件の後、高校生になった僕が、いかに事件の詳細を報道する新聞や雑誌を丁寧に読んでいたか、ということだと思う。最後まで残った加藤兄弟などは、出身も近く、年も近かったから、事件を他人事として受け止めてはいなかった気がする。

若松監督は、誰か特定の主人公の心理を描き出そうとしたり、臭い人間ドラマに仕立てたりはしていない。一応、坂井真紀演じる遠山美枝子にカメラは向けられているが、彼女も途中で無惨に殺されてしまう。むしろ淡々と、凄惨な事実を再現してゆく。同じあさま山荘事件を警官隊の側から描いた映画が、感動のドラマであったのとは対照的である。警官隊の2名が使命(職務)のために命を犠牲にしたのに対し、まったく無意味な死に追いやられた12人の若者たち。その事実の重さを伝えるために、あえてドラマとしては描かなかったということだろうか。
しかし、若松監督が余計な解釈をつけ加えなかったことで、結局あの事件は何だったんだ、という根本的な疑問は宙ぶらりんのまま残ってしまった気がする。どこで間違ったのか、何がいけなかったのか。映画の中では、森恒夫と永田洋子の性格的なものに起因するという、一般的解釈以上のものは示されない。だから、見終わって「なるほど、そうだったのか」とはならない。むしろこれは監督からの「あれはいったい何だったんだ」という宿題なのだろうか。

続きを読む "団塊の世代への宿題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

レンブラントの夜警

ようやくすべての採点が終わりました。全部で約200本のレポートを読み、試験答案50枚を採点しました。
Rembrandtひと息ついたので、久しぶりに映画を見に出かけました。
レンブラントの夜警」です。ピーター・グリーナウェイがレンブラントを撮ったと聞いた時から、見たいと思っていたのですが、結論からいうと、うーむむむ、ビミョーであります。悪くはないんだけど、良くもない。今日はたまたまサービス・デーとやらで1000円だったので、満足だけどね。

結局、「夜警」制作にまつわる謎解きサスペンスをやりたかったのか、それともレンブラントを描きたかったのか。欲張って両方やろうとして、ボケちゃったような感じです。

そういえば、2002年の「大レンブラント展」の時は、わざわざ京都まで観に行ったっけ。それだけの価値のあるすごい展覧会だったけれど、その時でさえもさすがにオランダの至宝「夜警」は来ませんでした。だから、ちゃんと細かいところまでじっくり観察したことはないけれど、なんか変な絵であることは確かです。落ち着かない、気持ちが悪い絵です。
グリーナウェイは、この絵の謎解きをやりたかったようです。でも前半のその謎解き部分がわかりにくい。歴史や美術を知らないとわからない小ネタがいっぱい仕込まれていて、知識があればかなりついて行けると思うんだけどね。いきなり「ユグノー虐殺の生き残り」なんて言われても、必修の世界史を未履修だったりしたら、なんだかわかんないぞ。予習していった方がいいかも。
でもって、絵は映画の中程でいつのまにやら描き上がってしまって、後半は堕ちてゆくレンブラントの話に。この後半は、もうグリーナウェイ節全開です。裸大好き、お尻大好き!まあ、でもとってもキレイなエロで、嫌いじゃないですけど。きっと、あっちもこっちもやりたかったんだな。
最後の、デ・ロイに長々と語らせたレンブラント評は(ネタバレになるので、書きませんが)それなりに面白かったですが、やっぱり前半と後半が緊密にかみ合わなかった感じは拭えませんでした。
ただ、俳優陣の演技は素晴らしかったです。
というわけで、評価は★★★☆☆(星三つ)。

続きを読む "レンブラントの夜警"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

映画祭2連発!!

近々開催される映画祭の紹介をお届けします。

Chinadocument まずは中国インディペンデント映画祭
中国・自主ドキュメンタリー in 東京
― 饒舌な日常生活 ―

 中国で最近に自主製作されたドキュメンタリー5作品を一挙上映し、映画の手法・テーマ・中国社会の日常生活の状況などについて討論します。

日程:2006年12月10日(日)
   10:00~11:30 房山教堂(徐辛監督作品)  討論:11:30~11:50
   11:50~12:10 車  廂(徐辛監督作品)  討論:12:10~12:30
   13:30~15:00 張博士(黄儒香監督作品)  討論:15:00~15:20
   15:30~17:00 馬 皮(徐辛監督作品)  討論:17:00~17:20
   17:30~19:00 外 面(王我監督作品)  討論:19:00~19:20

場所:専修大学神田校舍1号館202教室(地下鉄神保町OR九段下 徒歩3分)
主催:専修大学中国倶楽部+土屋研究室
* 無料

問い合わせ:the0561@isc.senshu-u.ac.jp 
専修大学HP:http://www.acc.senshu-u.ac.jp/koho/campus/index06.html 
研究室HP:http://www.t3.rim.or.jp/~gorge/tsuchiya.html
TEL:044-900-7933

<作品解題>
房山教堂(徐辛監督作品)江蘇省の農村に建設されたあるキリスト教会の実態。
車廂(徐辛監督作品)満員の長距離帰省列車の中で交わされる会話と表情。
張博士(黄儒香監督作品)文革で学業を放棄した「張博士」はロシアをめざす。
馬皮(徐辛監督作品)道教名山に近い江蘇省の村で近年始まった民間のお祭り。
外面(王我監督作品)アウトサイドに広がる中国の不思議な日常生活の数々。
 
Okinawamovie もひとつはオキナワ映画祭
傑作・問題作23本を全編上映。乱反射するさまざまのオキナワを見つめ、問い直す、4日間のドラマトゥルギー。
日程:2006年12月19日(火)→22日(金)
会場:和光大学 Jホール
主催:和光大学イメージ文化学科
入場料:無料(ただしパンフ代・資料代の実費をいただきます)

主な内容(この他にも映画上映多数、ギャラリートーク等あり)
12/19 13:00「やさしいにっぽん人」(東陽一/1970)
        17:00「独立少女紅蓮隊」(安里麻里/2004) 
12/20 10:00「島クトゥバで語る戦世」(比嘉豊光/2003)
        14:00「からゆきさん」(今村昌平/1973)
12/21 11:20「パラダイス ビュー」(高嶺剛/1983)
        14:00「ウンタマギルー」(高嶺剛/1989)
        16:30「夢幻琉球:つるヘンリー」(高嶺剛/1998)
        19:00 鼎談 高嶺剛×波照間栄吉×藤井貞和(司会:山本ひろ子)
12/22 10:45「新海南小記 アカマタの歌」(1973)
        14:40「ドルチェ―優しく」(A・ソクーロフ/2000)
        12:00「神々の深き欲望」(今村昌平/1968)
        15:00「夏の妹」(大島渚/1972)
      
問い合わせ:hiro@wako.ac.jp
映画祭HP:http://wako-image.net/okinawa/

Okinawaprogram 詳しいプログラムはこちら。

おおーっ、「夏の妹」! 栗田ひろみだぁっ。
って誰もわかんないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧