« センター漢文解説速報! | トップページ

2015年3月12日 (木)

HAN日本思想史学宣言

この春「HAN日本思想史学」というプロジェクトを立ち上げます。

 僕が思想史という学問を志したとき、「思想史ならありとあらゆる事象があつかえる」から面白いと思って始めました。人間のあらゆる営みに思想はあるはずです。だから「偉い人の思想はやらない」ことも決めました。理由は単に偉い人が嫌いだから。しかし残念ながら実際の「日本思想史」という学問の主流は、「ありとあらゆる事象」を扱うものではありませんでした。そのことに、僕はずうっと不満を抱き続けてきました。

 日本思想史という学問は、いまや存亡の危機にあります。その理由は、日本思想史自身の問題と、それを取り巻く社会状況の両方にあります。

 日本思想史自身の問題とは、ひと言で言えば「おもしろくない」ということです。なぜおもしろくないのか、それを示す象徴的な経験があります。僕の教え子が某国立大学の大学院へ進み、指導教授に修論のテーマについて相談に行ったところ、「教科書に載っているような人をやりなさい」というアドバイスを受けたそうです。当初は、就職に有利だからメジャーなものをやれということなのだろうと思いました。しかし、あとでそれだけではないということに気づきました。日本思想史とは「倫理」の教科書に載っているような人の思想を扱う学問であると自己規定をすることによって、自分たちの学問を守っているのだと。つまり、日本思想史という学問は、ある種の鎖国状態を続けることによって、自分たちの孤塁を守ってきたのです。だから、决して自分たちの砦の外へ出て戦おうとはしない。そんな研究が、社会にインパクトを与えることなどないのは当然です。

 社会状況の方は、もともと日本思想史を専門とする研究者は少ないので、全国の国立大学にある専任教員のポストを押さえておけば、とりあえずやってこれました。しかし、地方国立大の文系潰しが始まった今、もはやそれも難しくなるでしょう。それで日本思想史の大学教員が絶滅するだけならまだいい。もっと恐ろしいのは、そこへ「日本思想」のポストなら作ってあげようと言われることです。もともとたいしてポリシーのない、ただ偉い人の書いたものを読むだけの研究をしている人は、抵抗なくそれに乗ってしまうでしょう。そうなったら、日本思想史という学問は、消滅するよりもさらに悪いものになってしまいます。今、時代はいつそういうことになってもおかしくない状況になりつつあります。

 なんで「日本思想史」という学問はこんなにつまらないのか。

 いったい誰が「日本思想史」をこんなにつまらなくしたのか。

 その答えはだいたいわかっているのですが、それについてはまた別の機会に議論したいと思っています。問題は、どうしたら「日本思想史」をもっとおもしろくできるか、です。

 そのための仕掛けとして考えたのが、「HAN日本思想史学」というコンセプトです。HANとは、反であり、汎であり、半であり、叛であり、犯であり、氾であり、その他いろいろなHANを意味しています。

 「HAN日本思想史学」は、学会でも研究会でもない、SNSを使った新しい形を考えています。とりあえずはFacebook を使ってグループを作り、意見交換の場を提供するつもりです。いずれはネットマガジンのような形での情報発信ができればと思っています。学会誌よりももっとジャーナルな感じで、意見の発表や議論ができるような場所になればいいなと思います。具体的なイメージとしては、SYNODOS(シノドス)のようなスタイルを目指していると考えていただければと思います。

 目指すのは日本思想史学の解放区です。

参加資格は、「今の日本思想史じゃダメだと思っていること」。専門分野は問いません。思想、哲学はもちろん、歴史学、社会学、文学、美術、芸能、宗教、何でもありです。もちろん理系の方も歓迎です。最低限の研究者としてのスキルとマナーを身につけていて、きちんとした議論ができる方ならば、職業研究者(大学教員)でなくても構いません。基本は「従来の日本思想史の枠組みを取っ払って考えること」です。要するに僕が日本思想史学を志した時に考えた「なんでもあり」の思想史に少しでも近づけるための試みです。

 僕も還暦に近くなり、研究者人生が残り少なくなってきた今、このまま死ぬわけにはいかないという思いが強くなりました。別に名を残したいという欲望はありません。どうせ僕の論文なんて百年も経てば誰も読まなくなるんですから、名前を残そうなんて馬鹿げています。ただ、後に続く若い研究者たちにもう少しましな研究状況を残して去りたい、思いはそれだけです。

 賛同していただける研究者の方がいれば、ぜひ声をかけていただければと思います。一応予定では、3月11日に始動することを考えています。

                        2015年2月11日     門屋 温 識

|

« センター漢文解説速報! | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センター漢文解説速報! | トップページ