« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土)

神話と歴史

実はキム・ヨナファンのカモノハシです。

管理会社とすったもんだのあげく、ようやく給湯器が直って、一週間ぶりに自宅でお風呂に入りました。まったく、ここはどこの国かと思うような悠長な対応だったので、さすがの僕もキレannoyて、電話とメールとFAXでねじ込んで、なんとか新しい給湯器がつきました。やれやれspa

61ukeelja8l__ss500_

「歴史読本」四月号が出ました。
僕の原稿は、まあごく当たり前のことをチャチャッとまとめただけなので、別に読まなくても結構です。
ただ、真木よう子サマheart02と同じ号に載ったhappy02、それだけは嬉しかったので、自慢したくて紹介しました。すみません。
おりょうさんが「竜馬伝」に登場するのは、5月末まで待たなければならないらしいです。半平太なんて、端折っちゃってくださいよ~。

続きを読む "神話と歴史"

| | コメント (0)

2010年2月23日 (火)

あっちもこっちも

広くてキレイで変わっているカモノハシです。

まだ給湯器が直らないので、毎晩銭湯通いをしています。今日は、隣の人たちが洗いっこしてました。うっかりアイコンタクトしないように、気をつけて浴槽に入らなければいけないのが、ちょっと面倒です。
結局、新しい給湯器に交換することになったのですが、業者のダンドリが悪くて、大家さんに見積もりを出すのに時間がかかって、もう一週間になろうとしています。なんとかハッテンしてしまわないうちに直してくれぇ。

続きを読む "あっちもこっちも"

| | コメント (0)

2010年2月18日 (木)

ババンババンクーバー

反省してまーす、カモノハシです。
にしても、若造がズボンずり下げてはいてたくらいで、何をこんなに盛り上がっているのかしら。よっぽどみんな暇なのね。わざわざ大臣がコメントするようなことか。そもそも、皆さんオリンピックにいったい何を期待しているんでしょうね。

あまりのバカバカしさに、わが家の給湯器が故障してしまいました。仕方なしに、夜は寒い中を近くの銭湯へ出かけました。

続きを読む "ババンババンクーバー"

| | コメント (0)

2010年2月12日 (金)

紀元節におもふ

皇紀2670年の紀元節をことほぐカモノハシです。
3Kニュースの【主張】とやらの、「神話が生きる国誇りたい」という文章は、すばらしかった(棒読み)。さすが3K。いったい誰が書いたのやら。
記紀神話に日本人のアイデンティティを求めるのは、もういい加減にやめたらどうでしょう。どう考えたって、天武・持統朝の正統性を語るために作られた物語であることは間違いないんだから、あくまでも「8世紀における建国神話」であることを忘れてはいけない。
雑誌『歴史読本』4月号は、「日本神話特集」だそうです。古代史や「出雲学(!)」のお歴々のロマンチックな記事がずらりと並ぶ中で、あえて周りの空気を読まずに「神話なんて所詮神話じゃん」って書いたボクの原稿は、おそらくひとりだけ浮いているんじゃないかと思います。たぶんわざわざボクに振ってくださったサイトウさんの狙いもそこにあるんだろうし、ちゃんと「それでもいいですか」ってことわった上で引き受けたので、確信犯なんですけど。本屋さんで見かけたら、覗いてみてください。
お正月に10年使ったガスファンヒーターがとうとうぶっ壊れたので、原稿料は新しいファンヒーター代に当てさせていただきます。この冬を暖かく過ごせるのも、日本神話のおかげです。ありがたや、ありがたや。文句を言っては、罰があたるというものです。

続きを読む "紀元節におもふ"

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

こんなん出ましたけど

こんばんわ~、カモノハシです。

先週ちょっと風邪をひいたせいで、喘息が悪化して咳が止まらなくなり、ステロイドの吸入量を3倍に増やしたら、副作用ですっかりハスキーボイスになってしまいました。

Cahier16

今日、待望の新刊が届きました。
Cahiers d'Extrême-Asie 16です。
2007年にCoumbia大学で開催された中世神道国際シンポジウムの特集号です。
去年、ヒーヒー言いながら書いた原稿が載っています。初めて本格的な図版の掲載許可を取ったのですが、結構〆切りギリギリの綱渡りだったので、皆さんにご迷惑をおかけしました。
僕のはともかくとして、他の人の論文は力作揃いです。
表紙のアマテラス像も素晴らしいですね。この図像は、たぶん初公開だと思います。
「中世神道最高再考」というタイトルからもわかるように、中世神道研究は今新しい段階に入ろうとしています。辻善之助、西田長男、久保田収といった戦後の研究を踏まえつつ、21世紀に入って中世神道は一気にグローバルなテーマになりつつあります。
機会があれば、ぜひ手にとってご覧になっていただきたいと思います。

続きを読む "こんなん出ましたけど"

| | コメント (0)

2010年2月 8日 (月)

プリンスじゃねえぜ

201002071087

おいらにブレーキは効かねえぜ。
神道界のプリンスプリウス、カモノハシです。

ただ今ストーブ前でひたすら採点中です。

ここはインターネットが常時接続ではないので、気が散ることもなく、採点に集中できます。
今、このブログもダイアルアップでのろのろ更新中です。

もうひといき頑張らなくちゃ。

| | コメント (0)

山ごもり中

Peguira授業が2月まであったおかげで、1週間余りで成績を出さなければならなくなって、試験の答案とレポートをかかえて山ごもり中のカモノハシです。
当初は、レンタカーを借りて荷物をいろいろ積んで来る予定だったのですが、今週ふたたび雪が降ったので、いつもどおり高速バスでやって来ました。
昨日の東京は、猛烈な強風でめちゃくちゃ寒かったですが、こちらは快晴無風。お天気はいいですが、気温は昼間でも0℃ほどです。
車じゃないので、バッグにペギラだけ入れて連れてきました。冷凍怪獣だもんね。
さて、これからもう一頑張りするざんす。

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

無縁地展覧会

ぽーにょ、ぽにょぽにょ、カモノハシです。

Nomansland

NO MAN'S LAND
創造と破壊@フランス大使館を観に行ってきました。
麻布の在日フランス大使館が新庁舎に移転したのを期に、取り壊し前の旧庁舎の建物をまるごと若いアーティストたちの展示スペースにしてしまおうという企画です。
ひと言で感想を言えば、美大の学園祭のレベルの高いやつって感じ。
どうせ壊しちゃうので、部屋はもちろん、廊下や階段、トイレや中庭まで、やりたい放題アートスペースにしてしまいました。
大使館の職員の個室をそのままギャラリーにして、各部屋にそれぞれアーティストが自分の作品を展示しているのを覗いて歩くのは、まさに学園祭ノリ。作り込んだビデオ作品を展示しているアーティストもいれば、廃棄される備品を組み合わせてその場で制作した作品も。金庫室や給湯室を使ったインスタレーションがおもしろかったです。
取り壊す建物とはいえ、大使館文化部や商工会議所の公式イベントで、職員や警備員もちゃんと出張っているわけで、マジで遊んでいるところが偉いです。

続きを読む "無縁地展覧会"

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »