« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

ホテルで年賀状

20091230960 年末恒例、冬コミの後の腐女子軍団の打ち上げのために、家を脱出してホテルに缶詰のカモノハシです。

今年は、こちら目黒のHotel CLASKAに宿泊です。
老朽化したホテルをリノベーション、ちょっとアートな空間に変身させたデザイナーズ・ホテル。さすが、代官山や自由が丘に挟まれた地域ならではのコンセプト。
洋室に畳を入れたりして、ちょっと和テイストが、オシャレなんでしょう。

続きを読む "ホテルで年賀状"

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

デカルト!

20091228951

まだ6連投の折り返し点だというのに、ご覧のありさまのカモノハシです。歳は取りたくないです。

授業を終えて帰って来たら、福山君の例のドラマが最後のところでした。んでもって、天才哲学者が次々と難事件を解決してゆくドラマ「デカルト」っていうのを考えたんですが、だめですかねcoldsweats01
うーん、やっぱり疲れているようだ。くだらないことしか思いつかない。

明日から大晦日までは、一限からの授業ですshock。ううう。おやすみなさい。

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

サンタさんはオタク?

20091226945

いつだって戦力外、カモノハシです。

クリスマス・プレゼントというわけではないのでしょうが、先輩の古文の先生からウルトラ怪獣のフィギュアをいただいてしまいました。

左から、エレキング、カネゴン、ペギラ、ゴメス。
手前は、あの異色の怪獣ガバドンです。

こちらのシリーズは、高さが10㎝以上ある大型のもの。お値段もそこそこするらしいです。やっぱり一番人気はカネゴンらしいけど、デザイン的にはエレキングですね。

続きを読む "サンタさんはオタク?"

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

悲鳴が聞こえる

肩の痛みに耐えかねてマッサージに行ったら、「身体が悲鳴をあげてます」と言われますたカモノハシです。うーん、悲鳴を上げているのは身体だけじゃないんですけど。

今年のイブとクリスマスは、とうの、とうの、とおーっくの昔に締め切りの過ぎた原稿を、家にこもって書いてます。どうせ出かけたって、インフルエンザうつされるだけだし。
11月末から12月にかけては、学会は意欲的なイベントが目白押しでした。今日も名古屋では「中世宗教テクスト研究の可能性」と題する研究集会が開かれています。行きたかったけど、原稿がねー。
そういえばせんだって「民俗学三大人:柳田国男・折口信夫・渋沢敬三」なる公開講演会のチラシをみました。神奈川大学・國學院大學・成城大学という、この三人の系譜を引く大学の研究所の共同企画だそうです。大学間の連携は大いに結構なことだし、もちろんこの三人の仕事は尊敬に値するもので、ボク自身その恩恵は重々蒙っているわけですが、「三大人」って呼んでしまう神経はいかがなものでしょうか。そうやって三人だけを祭り上げることは、なんだやっぱり民俗学って、柳田と折口の個人技と渋沢の道楽だったのね、ということになって、むしろ贔屓の引き倒しではないかしらん。せめて「御三家」とか「トリオ」とかにしておけばよかったものを、「三大人」って、センスが悪すぎる。「国学の悪い影響受けてます」って宣言してるようなものじゃん。たぶんそんな呼ばれ方、本人たちも望んでないような気がするんですけどね。きっと今頃あの世で、柳田「何だよ、三大人って」、折口「馬鹿にしてんのか」、渋沢「化けて出てやろうか」などと言っているんじゃないでしょうか。

続きを読む "悲鳴が聞こえる"

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

本当の金持ち

ついに年寄りの証、遠近両用眼鏡を作ってしまったカモノハシです。
強膜バックリング手術以来、日に日に乱視と老眼が進んで、もはや老眼鏡なしではテキストを読めなくなってしまいました。でも視力自体は0.6程度あるので、自動車を運転する時を除いては、日常生活は眼鏡なしでもさほど不自由しません。ただ、乱視のせいであらゆるものが二重に見えるので、細かい文字や絵を見るときは、眼鏡が必要になります。ここ1ヶ月くらい毎週のように展覧会に出かけたのですが、1m以上離れた掛け軸と手前の解説とを交互に見ようとすると、2種類の眼鏡を掛けたり外したりしなければなりません。展示品ごとに掛けたり外したりをやっているとさすがに煩わしく、「えーい、めんどっくさい。遠近両用が欲しいっ」ということになりました。そんなとき、ちょうど和真の「遠近両用フェア」の折り込みチラシが入ったので、大学の帰りに覗いて、作ってしまいました。
なんだかんだ言って、目の手術をしてから、ほぼ一年に一個のペースで眼鏡を作っていることに。その前は10年に一個だったので、えらいペースです。近視用×2、老眼用×3、遠近両用×1。これだけあれば充分でしょう。もうしばらくは、眼鏡作るのやめようっと。

続きを読む "本当の金持ち"

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

もう師走

人間にうつさぬよう新型インフルエンザのワクチンを接種されたカモノハシです。

しばらく書かないうちに、なんともはや12月です。
実は、ついにデスクトップパソコンが壊れてしまいました。そんなわけで11月中はずっと、すでに何年も前に退役した小さなパソコンを急遽現役復帰させて使っていたので、Blogまでは手が回りませんでした。

20091112888 長らく使って来たわが愛機 DELL Dimention 8300 ですが、ある日ちょっとしたことでWindowsが立ち上がらなくなり、復旧しようとあちこちいじっているうちに、電源プラグを抜き差ししたら電源ユニットが飛んだらしく、電源すら入らなくなってしまいました。DELLは24時間サポート体制が整っていて、いつ何時どんなトラブルが起きても親切に対応してくれるので、僕自身DELL は2台目、わが家では3台目になります。だから修理に出せば済むのですが、ここにひとつ問題が。Dimention 8300 は申し分ないマシンなのですが、ひとつだけ欠点があります。それは充分余裕のあるタワー型ケースにもかかわらず、ファンが一個しかないこと。そのため夏などは室温が上がると、ゴォーッと焼き鳥屋の換気扇かという轟音がします。もちろんわがペントハウスは隣家からかなり距離があるので、夜中でも近所迷惑にはならないけれど、なによりやってる本人がうるさくてかないません。そこで、デフォルトのファンを取り外して、静音ファンをCPUとケースの二ヶ所に取り付けるというプチ改造を施しました。おかげですっかり静かにはなったのですが、当然改造したマシンはサポートを受けられません。というわけで、さて困った。
知り合いのSEの人に相談したら、「それは寿命ね」とひと言。たとえ電源ユニットを交換修理しても、おそらく次々と不具合が生じるだろうということでした。まあ、確かにパソコンに限らず、自動車でもなんでも、機械を長く使っていて故障が出だすと、一ヶ所直しても、あちこち調子が悪くなるものですよね。あ、機械に限らないか。50過ぎた人間も同じですね。
わが愛機は、中古で購入したのですが、前の持ち主がかなり強力なゲーマーか何かだったらしく、グラフィックボードやサウンドボードはもちろん、光デジタル端子やジョイスティック端子などで、5つあるスロットが全部埋まっているというハイスペックモデルだったのですが、結局主に一太郎、時々EXCEL、それとYouTubeくらいで、それらの機能を発揮する機会はほとんどなく退役と相成ってしまいました。ちょっとかわいそうなことをしました。

続きを読む "もう師走"

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »