« 100件目記念! | トップページ | 「白山曼荼羅」上映会 »

2009年5月10日 (日)

牛に引かれて

Zenkoji1 七年に一度のご開帳中ということで、信州長野の善光寺に行って参りました。
朝のご開帳に間に合うように、新宿発の最終バスに乗って、出かけました。朝4時半に現地に到着したのですが、すでに駐車場は満車、お寺の周囲には長蛇の列が出来ていました。ちょうど中日庭儀大法要の日に当たったこともあって、ものすごい人手です。今日一日で20万人が訪れるとか。
すでに本堂内はぎっしりと人が詰まっていましたが、運良く前立ち本尊のすぐ前の内々陣に席を取ることが出来ました。朝の法要をするお坊さんたちの様子がよく見えます。

Zenkoji2 内々陣に座って待っていると、寝惚け眼のお坊さんたちが「おわよース」とかいいながら三々五々集まってきて、やがて気の抜けたような締まりのないお経を唱え始めました。
毎朝早くからのお勤めは大変とは言え、七年に一回のご開帳の期間中くらい、もうちょっとシャキッとしてやってもらいたいものです。善光寺のお坊さんのレベルがわかって、がっかりでした。

お寺を見た後は、隣接する長野県信濃美術館で開催中の「善光寺御開帳記念 “いのり”のかたち-善光寺信仰展」を見ました。善光寺式の一光三尊仏を集め、その他善光寺縁起を始めとする関連資料を網羅して、なかなか見所のある展示でした。

ちなみに、およそ2ヶ月間のご開帳期間中に600万人を超える参詣者を記録したそうです。2ヶ月間の世界ツアーで600万人を動員できるミュージシャンは、世界でもいないんじゃないでしょうか。恐るべし善光寺如来!まあ、ほとんどの人はなかば物見遊山とはいえ、まったく信仰心ゼロの人はわざわざ長野まで来ないでしょう。最低でも信仰心のカケラくらいは持っている善男善女が、毎日10万人も訪れるわけです。やはり宗教の力というのは、侮れません。
ストーンズやオアシスくらいの一流ミュージシャンならば、連日のステージでも手を抜いたりはしないと思います。一流のプロとはそういうものだろうと思います。

|

« 100件目記念! | トップページ | 「白山曼荼羅」上映会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100件目記念! | トップページ | 「白山曼荼羅」上映会 »