« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月27日 (水)

つれづれ兄弟

Irodoru 先日の日曜日、金沢文庫の夏期講座に行ってきました。腰の状態は相変わらずかなり悪いので、動かないようにコルセットでギチギチに締め上げて、痛み止めを飲んで出かけました。土曜日から急に涼しくなったので、コルセットをつけた上にジャケットを着てもそれほど暑くはないのが幸いでした。
講座の題目は「兼好の弟・天台僧慈遍について」
今回の企画展示は「徒然草をいろどる人々」ということで、兼好の兄弟である慈遍について話をしてくださいというリクエストだったので、二つ返事で引き受けました。
しかし、いざ準備を始めて見ると、これがなかなかの難題。中世が専門の研究者に語るのならともかく、「慈遍」という名前を初めて聞くような素人の方たちに、慈遍さんがいかにスゴイ人かを語るというのは、これはなかなか大変です。お酒を飲んだことがない人に日本酒のうまさを語るようなものでしょうか。結局、そもそも中世の神道とはどのようなものであったのか、というところから説明を始めることになりました。

続きを読む "つれづれ兄弟"

| | コメント (0)

2008年8月14日 (木)

地獄の長期ロードスタート

夏期講習初日に、10年ぶりのひどいぎっくり腰に見舞われたカモノハシです。
月曜日に授業を終えて、遅い夕食をとるべく大戸屋に入ったところ、日本に来て2日目のイタリア人3人組の向かいに座らされました。彼らが長いことメニューと睨めっこしているので、ひじきだの切り干し大根だのを説明する羽目になり、彼らの注文も無事決まって、さあ自分の飯を食べようとしたところで、腰にビシッと激痛が走り、そのまま動けなくなりました。助けを呼ぶのは恥ずかしいので、そのままの姿勢でなんとか食事を終えて、まるでお年寄りのようにそろりそろりと歩いて、なんとか家にたどり着きました。帰宅するとすぐさま押し入れの奥から昔作った医療用コルセットを引っ張り出して、ギュウギュウ締め上げて腰を固定してようやくひと息をつきました。

続きを読む "地獄の長期ロードスタート"

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »