« 全員習合! | トップページ | 穀断ち中 »

2008年6月 1日 (日)

稲荷山

Torii 土曜日に私用で京都へ行ったので、久しぶりに稲荷山に登ってきました。

学生の時以来ですから、実に20ン年ぶりです。

あいにくの雨でしたが、赤いタイムトンネル(んー、このネタがわかる人は、50歳以上でしょうね)をくぐって、異界へGO!

下の方の鳥居のトンネルが続くあたりは比較的なだらかですが、次第にハードな石段になって、年寄りにはこたえます。

Sinpou 今回のお山参りの目的のひとつが、ハヤシさんに教わった「十種神宝のペンダント」を手に入れること。
お目当ての伏見稲荷神宝社は、意外にも登り始めてすぐのところにありました。なぜかかぐや姫が祀ってあったりして、かなりきてます。でも社殿は結構立派です。早速お参りして、ペンダントをゲット!
もうこれで帰っちゃおうかと思ったけど、せっかくなのでお山巡りをスタート。

Hiyasiame ずっと雨が降ったりやんだりだったけど、傘は邪魔なので、パーカーを着て歩いていたため、汗だくに。最近喘息の調子が悪いせいもあって、息は切れるし、四ツ辻にたどり着いた頃には、かなりヘロヘロ。
たまらず休憩。写真は、冷やし飴ごしに見る下界の展望。それにしても、この四ツ辻の茶屋は、絶妙の位置に作ってあるなあ、と改めて感心する。

Otsuka 15分くらい休憩して元気を取り戻したところで、上・中・下、三ヶ峯を巡る一周へ再出発。

出ました!稲荷山を象徴するお塚の群れ。
ひとつひとつに聞いたこともない妙ちきりんな神名がついているんだけど、それぞれに講があって、信者さんたちがついているところがすごい。稲荷山はまさに、この一万基あるとも言われるお塚の集合体なわけで、何度見ても圧倒されます。

Trail 大杉社、眼力社、御膳谷、上ノ社、中ノ社、荷田社、下ノ社と巡って、40分ほどで四ツ辻に戻ってきました。

このまま元来た道を本社まで降りるのも能がないと思ったので、四ツ辻から泉涌寺まで降りることにしました。

ご覧のような山の中の道です。
トレイルコースとして整備されており、舗装もされているので、比較的歩きやすいのですが、とにかく急。一気に駆けおりる感じで、振り返ってみると、これ絶対逆に登りたくはないというくらいの急坂。
雨で路面が濡れていて、滑って転んだらリュックに背負ったパソコンがおシャカになっちゃうので、慎重に降りる。

途中、五社の瀧を経て、泉涌寺の裏山に出る。

Senjuji2 さすがに急なだけあって、15分ほどでたちまち泉涌寺に到着。
楊貴妃観音と元宮中の「お黒戸」を、これも20ン年ぶりに拝観。ちょうど宝物館では「泉涌寺伽藍の歴史」展をやっていて、古絵図等を見ることができました。

ひとしきり見終わって、山門を出ようとしたところで、稲荷山の一ノ峯、二ノ峯あたりで一緒になり、先に降りていった中年のご夫妻が入ってくるのとすれ違いました。あの下りがいかに早かったかということでしょう。

Sinpoucharmハイッ。
というわけで、今回ゲットしたお宝がこちら。(ショボイとか言わないように)

十種神宝のペンダントなんて、そんじょそこらにはありませんよ。
十種神宝Tシャツも作る予定なんだけど、それはまたいずれ。

シャツがぐしょぐしょになるくらい汗をかいて、このままでは絶対風邪をひくと思ったので、京都タワーの地下の風呂に入って着替えをし、駅の近くでたらふく魚の干物を食べて、帰りました。

|

« 全員習合! | トップページ | 穀断ち中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全員習合! | トップページ | 穀断ち中 »