« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

団塊の世代への宿題

今日は朝から眼科の定期検診へ。
手術した剥離部分は、くっついているので大丈夫ということだが、やはり網膜に別の病変(黄斑)があるということで、いずれまた手術をしなければならないことになるかもという話。
僕は家系的にも長生きしちゃいそうなので、眼がもってくれないと困るなあ。

Asama などといいながらも、夜は映画を見に行く。
「実録・連合赤軍―あさま山荘への道程」
今日2月28日は、まさにあさま山荘事件が終わった日ということで、若松孝二監督の舞台挨拶つき特別先行上映がテアトル新宿である。
題材からして、胸くそ悪くなるのは覚悟の上で、それでもやはり観に行かずにはいられなかった。事件当時、僕は中学3年生だったけれど、その衝撃はオウム事件の比ではなかったように思う。最も多感で、最もものを考えていた年頃だったせいもあるだろうけれど、あさま山荘に至るあの一連の事件で、僕はいろんなものを見てしまったような気がする。

映画は190分という長尺であるが、長く感じなかったということは、よくできているということだろう。「実録」というとおり、ひたすら事実を再現してゆく。事件を全く知らない若い人にもわかるように、「それでは、ここで説明しよう」みたいな丁寧なナレーション(原田芳雄)が入るので、事実過程をきちんと追ってゆくことが出来る。
自分でも驚いたのは、僕自身、説明されてゆく事件の内容をほぼ正確に知っていたこと、主要メンバーについては、役者さんの顔が映っただけで、それが誰を演じているのかすぐわかったこと。事件の後、高校生になった僕が、いかに事件の詳細を報道する新聞や雑誌を丁寧に読んでいたか、ということだと思う。最後まで残った加藤兄弟などは、出身も近く、年も近かったから、事件を他人事として受け止めてはいなかった気がする。

若松監督は、誰か特定の主人公の心理を描き出そうとしたり、臭い人間ドラマに仕立てたりはしていない。一応、坂井真紀演じる遠山美枝子にカメラは向けられているが、彼女も途中で無惨に殺されてしまう。むしろ淡々と、凄惨な事実を再現してゆく。同じあさま山荘事件を警官隊の側から描いた映画が、感動のドラマであったのとは対照的である。警官隊の2名が使命(職務)のために命を犠牲にしたのに対し、まったく無意味な死に追いやられた12人の若者たち。その事実の重さを伝えるために、あえてドラマとしては描かなかったということだろうか。
しかし、若松監督が余計な解釈をつけ加えなかったことで、結局あの事件は何だったんだ、という根本的な疑問は宙ぶらりんのまま残ってしまった気がする。どこで間違ったのか、何がいけなかったのか。映画の中では、森恒夫と永田洋子の性格的なものに起因するという、一般的解釈以上のものは示されない。だから、見終わって「なるほど、そうだったのか」とはならない。むしろこれは監督からの「あれはいったい何だったんだ」という宿題なのだろうか。

続きを読む "団塊の世代への宿題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

軒端の梅

昨日は、友人のモリさんが初シテを舞うというので、矢来能楽堂へ。
Ume演目は「東北」。シテは和泉式部の霊という、ちょっと聞いただけでも難しそうな役。いつものアンチョコ『能楽手帖』は『隣忠秘抄』を引いて、「この能、幽玄の最上とす。骨の位といひて、名人、心を以て姿にす。下手は姿を以て心にすと、古より申す能なり」と。そんなぁcoldsweats02、姿を以て心にするだけでも大変でしょうが。でも「初心の者にもさするはシナ少なく直ぐなる故もあり」ともあるから、ややこしいヒネリはないので初心者でも演じることはできるが、本当は奥が深い能だよ、っていうことでしょうか。実はシンプルに見えるものほど奥が深いという、まあ、何のジャンルにも当てはまる話ですね。
それにしても、シテって(ダジャレじゃないから)、アイを除けばほぼ出ずっぱりで、1時間以上謡いながら舞うわけで、ものすごい体力と精神力を必要とするんですね。初シテを演じ終えた達成感はすごいだろうなあ。さしずめ、プロ野球で高卒ルーキーが初登板完投したようなもんでしょうか。文字通り「檜舞台を踏む」とは、このことかと改めて思いました。モリさん、課題も見えたけど、今後が楽しみです。
「東北」って、ちょっとおもしろい演目で、僕らが普通イメージする和泉式部とちょっと違うんですね。いわゆる恋多き女ではない。しかも、能で旅僧の前に現れる霊は、当然のように鎮魂を望むことが多いのだけれど、彼女は和歌の功徳によって「歌舞の菩薩」になっちゃってる。つまり、シテにあんまし苦悩がない。咲き匂う梅の花の下で、歌い舞う和泉式部ねえさん、オレッ。この軽みが、この能の魅力ですかね。中世の人の和泉式部観って、ちょっと違ったのかな、って思わせるものがあります。
ねえさんといえば、今年のグラミー賞を総なめしたエイミー・ワインハウスねえさん、久々のスレたおネエさん系で迫力ありましたが、その話はまた今度。

続きを読む "軒端の梅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

レンブラントの夜警

ようやくすべての採点が終わりました。全部で約200本のレポートを読み、試験答案50枚を採点しました。
Rembrandtひと息ついたので、久しぶりに映画を見に出かけました。
レンブラントの夜警」です。ピーター・グリーナウェイがレンブラントを撮ったと聞いた時から、見たいと思っていたのですが、結論からいうと、うーむむむ、ビミョーであります。悪くはないんだけど、良くもない。今日はたまたまサービス・デーとやらで1000円だったので、満足だけどね。

結局、「夜警」制作にまつわる謎解きサスペンスをやりたかったのか、それともレンブラントを描きたかったのか。欲張って両方やろうとして、ボケちゃったような感じです。

そういえば、2002年の「大レンブラント展」の時は、わざわざ京都まで観に行ったっけ。それだけの価値のあるすごい展覧会だったけれど、その時でさえもさすがにオランダの至宝「夜警」は来ませんでした。だから、ちゃんと細かいところまでじっくり観察したことはないけれど、なんか変な絵であることは確かです。落ち着かない、気持ちが悪い絵です。
グリーナウェイは、この絵の謎解きをやりたかったようです。でも前半のその謎解き部分がわかりにくい。歴史や美術を知らないとわからない小ネタがいっぱい仕込まれていて、知識があればかなりついて行けると思うんだけどね。いきなり「ユグノー虐殺の生き残り」なんて言われても、必修の世界史を未履修だったりしたら、なんだかわかんないぞ。予習していった方がいいかも。
でもって、絵は映画の中程でいつのまにやら描き上がってしまって、後半は堕ちてゆくレンブラントの話に。この後半は、もうグリーナウェイ節全開です。裸大好き、お尻大好き!まあ、でもとってもキレイなエロで、嫌いじゃないですけど。きっと、あっちもこっちもやりたかったんだな。
最後の、デ・ロイに長々と語らせたレンブラント評は(ネタバレになるので、書きませんが)それなりに面白かったですが、やっぱり前半と後半が緊密にかみ合わなかった感じは拭えませんでした。
ただ、俳優陣の演技は素晴らしかったです。
というわけで、評価は★★★☆☆(星三つ)。

続きを読む "レンブラントの夜警"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »