« ひんぎゃの塩×荼吉尼天 | トップページ | 告知など »

2007年9月13日 (木)

ザヴィヌル追悼

Forecast_tomorrow いやー、びっくりしました。
何が?って、もちろん Joe Zawinul 大先生がお亡くなりになったことですよ。今夜は、追悼の意味をこめて、WEATHER REPORT を聴きましょう。こちらは、今年の初めに買った3CD+DVD の BOX SET。DVDは78年のドイツでの公演を収録したもので、リズム隊が Jaco & Peter という WRのもっとも充実期のもの。メンバーも演奏曲目も、僕が東京公演で見たのとほとんど同じで、当時の光景が蘇ってきます。
合掌。

でもって、その次にびっくりしたのが、アベちゃんのサプライズ辞任。
いやぁ、さすがKY(空気読めない)総理と揶揄されるだけあって、辞めるタイミングも完璧に空気読んでないところがすごい。まるで土俵上で仕切ってる最中の横綱が、突然引退を発表してそのままモンゴルへ帰っちゃったようなもんだもんね。相手力士はもちろん、行司や親方衆、観客まで、みんなあっけにとられて座布団を投げる奴もいない。
政治家だったら、同じ辞めるにしても、対テロ特措新法の成立と自分のクビを引き替えにするとか、小沢を道連れにするとか、何かしようとするのが普通だよね。それを、あっさり放り出して逃げ出しちゃったんだから、こんな大将をもった子分達は哀れだ。
まあ、憲政史上最も低脳の宰相だから、閣僚のヘマがなくても、いずれ自爆するだろうと思ってはいた。うっかり何しゃべっちゃうかわからないので、側近たちが会見の回数を思いっきり減らして、しかも打ち合わせたことしかしゃべらないように注意していたのに、外遊中でチェックが甘くなった隙に、「職を賭して」自分の首を絞めちゃった。「慚愧に堪えない」で懲りなかったんだね。でもって、にっちもさっちもいかなくなったら、職場放棄で遁走しちゃうんだから、すごい。こんな敵前逃亡みたいな辞め方したら、もう二度とお鉢が回ってくることはないだろうね。本当にバカなんだね。
僕としては、こないだから「がんばれ、シンゾー」っていうブログを書こうかと思ってたんだけど、間に合わなかった。できれば辞めずに頑張ってもらって、11月に対テロ特措法が行き詰まって、12月にやけくそで解散に打って出て欲しかった。しかも、総選挙で念願の改憲を争点にして、誰がなんと言おうと「アタクチにぜひ改憲をさせてください」と突っ走って欲しかったなあ。それで見事惨敗したら、永田町の政治家たちは当分だれも改憲を口にしなくなる。千載一遇のチャンスだったのに。惜しいことをしました。

どうせなら、次の総理には、ぜひタイゾー君になってもらいたいものです。

|

« ひんぎゃの塩×荼吉尼天 | トップページ | 告知など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78922/16431399

この記事へのトラックバック一覧です: ザヴィヌル追悼:

« ひんぎゃの塩×荼吉尼天 | トップページ | 告知など »