« タクシー・ドライバー | トップページ | 東京の夏 »

2007年5月28日 (月)

真夜中のカウボーイ

ニューヨーク1日目の朝は、ともあれホテルのレストランで朝ごはん。ホテルの名前がThe Lucerne Hotel で、レストランが NICE MATIN と、どことなくヨーロッパ風。クロワッサンにコーヒーの朝食をとっていると、イヤナガさんが現れたのでご一緒する。聞けば、皆さん今日の午前中はMetropolitan Musiumの分館、 Cloisters を見に行く予定とか。僕もCloistersには行くつもりだったので、合流することにする。

Cloister バスを乗り継いで、40分位かかってCloistersに到着。
ここは、その名の通り、中世の修道院を移築して、中世美術のみを展示する美術館。もちろんアメリカに中世美術はないので、すべてヨーロッパから運んできたもの。建物は、どこかにあったものをそっくり移築したわけではなくて、あちこちにあった部材を寄せ集めて、中世の修道院風建物を復元したものらしい。展示品も、イギリスあり、フランスあり、ドイツあり、スペインありと、そこら中から集めてきたもの。金に飽かせて(ロックフェラーがかんでいるらしい)かき集めた感はあるが、むしろヨーロッパではこれだけのものをいっぺんに見ることはできないから、贅沢の極み。ハドソン川に面した小高い丘の上というロケーションも素晴らしい。お薦めのポイントではあります。

Boots ところで、僕は前夜に続き、またまたアクシデント発生。ホテルを出て間もなく、足元がパコパコするので見ると、ブーツの右足の底が壊れてパックリ口を開けている。ひとりならどこかでサンダルでも買うところだけど、皆さんと一緒なのでそうもいかず、ハンカチで靴の上から縛ってなんとかCloisters往復をしのぐ。左足の底も怪しくなってきたので、これはどこか靴屋に駆け込むしかなさそうだ。
ホテルへ戻ると、ちょうどCaroline夫妻が到着したところだったので、早速靴屋につきあってもらう。このブーツはKenneth Cole という New York のデザイナーの靴(Carolineさんによるとかなりオシャレなブランドらしい)で、おまけに Made in Italy。何年も前に古着屋で買った古靴だけど、お気に入りのデザインで愛用してきたもの。いざニューヨークへ行くというので、足元見られちゃなんねえと履いてきたのが裏目に出たみたい。靴屋のオヤジに「ニューヨーク製なのにぃ。ニューヨークに置いていってもらいたいらしい」というと、速攻でニューヨークの靴屋のゴミ箱行きとなりました。
というわけで、ニューヨークで最初の買い物に、なんと自分の靴を買う羽目に。しかも、結局この旅行中で最も高額な買い物と相成りました。自分用のニューヨーク土産は、日本でも買えるeccoのウォーキング・シューズでした、というオチです。

|

« タクシー・ドライバー | トップページ | 東京の夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78922/15228382

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中のカウボーイ:

« タクシー・ドライバー | トップページ | 東京の夏 »