« 能を観る | トップページ | 布橋灌頂会 »

2006年11月29日 (水)

映画祭2連発!!

近々開催される映画祭の紹介をお届けします。

Chinadocument まずは中国インディペンデント映画祭
中国・自主ドキュメンタリー in 東京
― 饒舌な日常生活 ―

 中国で最近に自主製作されたドキュメンタリー5作品を一挙上映し、映画の手法・テーマ・中国社会の日常生活の状況などについて討論します。

日程:2006年12月10日(日)
   10:00~11:30 房山教堂(徐辛監督作品)  討論:11:30~11:50
   11:50~12:10 車  廂(徐辛監督作品)  討論:12:10~12:30
   13:30~15:00 張博士(黄儒香監督作品)  討論:15:00~15:20
   15:30~17:00 馬 皮(徐辛監督作品)  討論:17:00~17:20
   17:30~19:00 外 面(王我監督作品)  討論:19:00~19:20

場所:専修大学神田校舍1号館202教室(地下鉄神保町OR九段下 徒歩3分)
主催:専修大学中国倶楽部+土屋研究室
* 無料

問い合わせ:the0561@isc.senshu-u.ac.jp 
専修大学HP:http://www.acc.senshu-u.ac.jp/koho/campus/index06.html 
研究室HP:http://www.t3.rim.or.jp/~gorge/tsuchiya.html
TEL:044-900-7933

<作品解題>
房山教堂(徐辛監督作品)江蘇省の農村に建設されたあるキリスト教会の実態。
車廂(徐辛監督作品)満員の長距離帰省列車の中で交わされる会話と表情。
張博士(黄儒香監督作品)文革で学業を放棄した「張博士」はロシアをめざす。
馬皮(徐辛監督作品)道教名山に近い江蘇省の村で近年始まった民間のお祭り。
外面(王我監督作品)アウトサイドに広がる中国の不思議な日常生活の数々。
 
Okinawamovie もひとつはオキナワ映画祭
傑作・問題作23本を全編上映。乱反射するさまざまのオキナワを見つめ、問い直す、4日間のドラマトゥルギー。
日程:2006年12月19日(火)→22日(金)
会場:和光大学 Jホール
主催:和光大学イメージ文化学科
入場料:無料(ただしパンフ代・資料代の実費をいただきます)

主な内容(この他にも映画上映多数、ギャラリートーク等あり)
12/19 13:00「やさしいにっぽん人」(東陽一/1970)
        17:00「独立少女紅蓮隊」(安里麻里/2004) 
12/20 10:00「島クトゥバで語る戦世」(比嘉豊光/2003)
        14:00「からゆきさん」(今村昌平/1973)
12/21 11:20「パラダイス ビュー」(高嶺剛/1983)
        14:00「ウンタマギルー」(高嶺剛/1989)
        16:30「夢幻琉球:つるヘンリー」(高嶺剛/1998)
        19:00 鼎談 高嶺剛×波照間栄吉×藤井貞和(司会:山本ひろ子)
12/22 10:45「新海南小記 アカマタの歌」(1973)
        14:40「ドルチェ―優しく」(A・ソクーロフ/2000)
        12:00「神々の深き欲望」(今村昌平/1968)
        15:00「夏の妹」(大島渚/1972)
      
問い合わせ:hiro@wako.ac.jp
映画祭HP:http://wako-image.net/okinawa/

Okinawaprogram 詳しいプログラムはこちら。

おおーっ、「夏の妹」! 栗田ひろみだぁっ。
って誰もわかんないよね。

|

« 能を観る | トップページ | 布橋灌頂会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画祭2連発!!:

« 能を観る | トップページ | 布橋灌頂会 »