« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

A・ソクーロフ「太陽」

Thesun 新しい眼鏡が出来たので、映画を見に行くことにしました。
今話題の「ゲド戦記」A・ソクーロフ「太陽」を観ました。
うむむむ、正直言って、どう評価してよいのか、よくわかりません(こんなことは珍しいんですが)。悪くはないと思います。「金返せ」とは思わなかった。でも、人に勧めるか?と言われたら、うーむ、って感じ。
ただ、絶賛する人の気持ちはわかるような気もする。歴史上の昭和天皇ではなくて、等身大の人間裕仁を描こうとしたのは、確かに画期的かもしれない。欧米の人たちにとっては、すごく新鮮だったんだろう。でも、実は立憲君主たらんとした平和主義者で、英語が話せて、ユーモアを解する海洋生物学者である天皇像というのは、戦後生まれの僕たちにとってはよく知ってるあの人の姿であって、それほど意外性はない。むしろ、そこなんだよね、問題は。じゃあ、あの大元帥陛下は虚像なんだろうか。だとすれば、その虚像を作り出していたものは何なのか。
もちろん面白いところは、いくつかあった。
トビウオの爆撃機から魚の爆弾が降ってくる幻想シーン(CG)が話題になっているけれど、子供の頃から両親に、B29の編隊が銀色のジュラルミンの胴体をキラキラと光らせながら飛んでくる様は「すごくキレイだった」と聞かされて育った僕にとっては、とても自然に思えた。きっと活きのいいイワシのお腹みたいに光ってたんだろうなあと思ってたから。
イッセー尾形と桃井かおりは、確かにちょっと他に思いつかないくらい秀逸なキャストだと思う。その点は脱帽するしかない。でも、日本語でしゃべっているところは、どうしてもイッセー尾形に見えてしまうんだよね。むしろ、マッカーサーと相対して、英語でしゃべっている時の方が、天皇としてのリアリティがあったのは、とても不思議な感じがした。
天皇の日常生活のディテールについては、本当によく描けていると思う。ソクーロフという人は、ものすごい量の資料を集めて、下調べを綿密にやる人なんだということはよくわかる。かつて身内に宮中に仕えていた者がいたせいで(映画の中で天皇におでこをはたかれていた老僕がいたけど、まああんな立場の者だと思う)、子供の頃、祖母から時々宮中の様子を聞かされたけど、そのイメージとほとんど違和感がなかった。その意味では「外国人の目から見た変なエンペラー」になってないところは、たいしたもんだと思う。
それと、もうひとつ、これがもしハリウッドで作られても、中国で作られても、決してこんな天皇の描き方にはならなかっただろうということは強く感じた。ロシア人の監督というポジションはやはり大きいと思う。映画の中で、進駐軍のアメリカ兵たちを礼儀知らずのお上りさんに描いている場面があって、結構笑えるんだけど、これはハリウッドで作られていたら絶対あり得ないなと思った。王様というものを見たことがない田舎者のアメリカ人に対する冷笑的な視線と、かつて皇帝を戴いていたロシア人ならではの天皇へのシンパシーが感じられて、印象的だった。
ブルーノ・ガンツの怪演で話題になった「ヒトラー~最後の十二日間」も観たけど、あちらの方は史実どおりにきちっと「最後の十二日間」を追っていて、まるでNHKの「その時、歴史は動いた」みたいだった。あの映画も、それなりに面白かったけど、事実に忠実すぎて、ドラマとしてはみんなが絶賛するほど素晴らしいとは思わなかった。ただ、ドイツ人がこれを撮ったというところが、最大の評価ポイントなんだろうということはわかった。
それに対して、この「太陽」は、日本人じゃなくて、ロシア人が撮ったところが評価ポイントっていうことになる。じゃあ、日本人が撮っていたとしたらどんなものになったんだろう、という想像すらできないところ、これがやっぱり最大の問題だよね。
そうそう、あと、木戸内相があまりに似ていて思わず吹き出しちゃったのは僕だけでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

眼鏡を作る

眼の状態が悪くなる一方なので、ついに眼鏡を作りました。最近は一式5000円くらいで作れちゃう格安チェーン店もありますが、講習で少し稼いだことだし、眼のことも考えて、ちゃんとした眼鏡を作ることにしました。数年前にJAPONISMという鯖江ブランドのフレームをいいなと思ったことがあって、今回良さそうなのがあったので、それで作ってもらいました。
Img1057756954 メタルやツーポイントはオシャレじゃなくてやだなと思ったので、こんなハーフリムのタイプになりました。

今日、出来上がりを受け取りに行きました。フィッティングをしてから、「かけていかれますか」と聞かれて、ひょっとすると世界がこれまでと違って見えるかもと思い、そのままかけて帰ることにしました。近視よりもむしろ乱視の矯正が強いせいか、店を出るなり、なんだか眼がクラクラします。

眼鏡屋さんの近くにdisk unionがあって、JAZZの中古盤のワゴンセールをやっていたので、眼鏡のテストという口実で掘り出しもの探し。最近CDのクレジットの細かい字が見えなくて困ってたんですよね(って、それは老眼のせいだってば)。
Joreonvanvliet でもって、今日の収穫。1枚目はこれ。
Jeroen van Vliet & Mete Erker "unseen land"
典型的なジャケ買い。カバーデザインのセンスから、ECM系の音と睨んだとおりの音でした。ピアノとリードのデュオで、若き日のKeith Jarret と Jan Garbarekっていう感じ。ノルウェイのレーベルみたいです。

Marcodibattista 2枚目はこれ。
Marco Di Battista "ROSETTA STONE"
ピアノのMarcoを中心とするセクステット。名前からして Stefano Di Battistaの親類かなと思ったけど、そうではないらしい。でも、音は予想どおり、ストレート・アヘッドなJAZZでした。フランスやイタリアのJAZZが好きなので、ついついこういうのがあると買ってしまいます。

あとは、Famous Dutch Jazz Pianists "JAZZ VIRTUOSI"っていうCD。Famousと言われても、6人とも聞いたことがない。音も、う~ん・・・、ごめんなさい。それと、全部はずしたとき用の保険にRalph Petersonがモンクの曲ばかりやってるCDを一枚。計4枚で、1000円でおつりが来ました。打率としては、まあまあいいところでしょう。

Oujitowel ところで、僕は痩せているのに代謝が良いせいか汗っかきなので、夏はハンカチの代わりにタオルを携行しています。今日も眼鏡を取りに出かけようと着替えをしているときに、ふとこんなものが眼にとまりました。こ、こ、これはっ、今ちまたで話題のアレではありませんか。ヤフオクで8000円を超える値が付いたという、あの幻のタオルがわが家にもありました。
というわけで、タオルで汗を拭き拭き帰ってきたわけですが、新しい眼鏡をかけた自分を鏡で見てみると・・・、なんか、すげえオヤジくさいんですけど。がーん!がーん!がーん!
これから、眼鏡をかけて、タオルで汗を拭いてる僕を見たら、「あ、ハンケチ王子オヤジだ!」と呼んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

本を読む

夏休みなので、久々にちょっと本を読む。
大島正二『漢字伝来』(岩波新書)
新刊の広告を見て、早速買って読んでみたけど、イマイチかな。すごく丁寧に書いてあって、別に悪くはないんだけれど、思わず〈へえ〉ボタンを押しちゃうような話はなかった。授業で使えるネタはないかというスケベ根性で読んだのがいけなかったかな。でも、なぜ「王」の訓を「わう」と書くのかはわかった。

Nishiki 西木正明『養安先生、呼ばれ!』(恒文社21)
池袋の古本屋でたまたま目にとまって購入。幕末、秋田院内銀山の御用医師であった門屋養安を主人公にした時代小説。養安はその苗字からわかるとおり、一応僕の親類にあたる。三一書房から近世庶民生活史料 未刊日記集成として『門屋養安日記』(上・下)が出ていて、そこで親類であると知ったわけだけれど、その日記を元に小説が書かれているとは知らなかった。養安は35年間にわたって詳細な日記をつけていたようで、言ってみれば『元禄御畳奉行の日記』の医師版といったところか。小説としては、まあ普通。

Aizu1 會津八一『自註鹿鳴集』(中央公論社)
柏の古本屋で購入。文庫版は持ってるんだけど、新書版の初版(昭和35年)で、きちんとハトロン紙でカバーをかけてあって200円だったので、閉店時間間際の店の冷やかし代のつもりもあって買ってみた。パラパラとめくってみたら、昭和35年5月26日付の下関の書店の納品書が挟まっていた。宛名は「旭タンカー 杉様」となっていて、納品書の裏には「モンバサ/ケープタウン/リオ/モンテビデオ」の地名と時間がメモってあった。これって、タンカーの船員さんが下関で出航前に買って、船上で読みながら、地球を一周してきた本かもね。そんな想像しながら当麻寺の歌なんか眺めてると、200円は安いかも。

ついでに、読みかけだった中沢新一『アースダイバー』(講談社)も読了。この本の最初の方に出てくる「新宿の始まり」の話は、ちょうど僕が住んでいるあたりの話なんで、そこだけ読んでうっちゃってあったのを、残りも読む。このあたりは「十二社(じゅうにそう)」と呼ばれていて、それは熊野十二所権現があるからなんだけど、この地を開いた鈴木九郎は熊野の鈴木党で、彼がどのようにして「中野長者」と呼ばれるような財を築いたかが書いてある。この辺は庚申塚はもちろん第六天のお堂などもあって、江戸の周縁の匂いがプンプンします。そこにいきなりダイビングする中沢さんはやはり只者ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

ラジオ深夜便

夏休みということで、たまには勉強と関係ない趣味ネタを。
例によってラジオ深夜便を聴いていたら、今日はロック・クラシック~ギタリスト特集~とかで、Duane Allman (Allman Brothers Band), Mike Bloomfield, Joe Walsh (Eagles), Jackson Brown featuring Lowell George, Jasse Ed Davis, Ry cooder & David Lindley といったラインナップ(渋)。ほとんどスライドギター特集といった趣きで、思わずギターを手にして深夜の合奏大会。幸いこの書斎は窓を閉め切れば、夜中の2時過ぎにエレキギター鳴らしても、隣近所には聞こえないんだな。

Fendertc で、こちらが噂の拾ったテレキャスター。まさか、本物のテレキャスターがウチの前に落ちてるとはね。かなり汚れていたので、1日かかって磨きました。塗装の剥げ具合が、かって使い込んだ感じでいい味出してます。フェンダー系のギターはどちらかと言えばあんまり好きじゃないけど、テレキャスターは例外。おまけに、これはフロントPUがダブル・ハムバッキングだから、やや太めの音だし。

Champ ちなみに、愛用のアンプはこちら、フェンダー・チャンプ(通称銀パネ)。このたび、経済産業省によってめでたくビンテージに認定された(全然嬉しくないけど)真空管アンプです。

Grecoes335 ついでに、僕のメインギターはこちらのセミアコ。
なにせ中学生の時の最初のギター・ヒーローがB.B.King!だもん。”ルシール”に憧れる中学生って、今思うと渋すぎる。そんなわけでGibson ES-335は長い間憧れのギターでした。でも、ES-335はB.B.Kingだからお腹に乗っけて弾けるんで(しかもルシールはホロウボディじゃない)、日本人には大きすぎるし、手の小さな僕にはとても弾きこなせない代物。で、これはGrecoが70年代に出していたショートスケールのセミアコSA500。20才の頃、質屋の店先で見つけて、速攻でイトコに借金して買った愛器です。いい音しますよ。もちろんMr.335ことLarry Carltonもマイ・ギター・ヒーローです。コピーしまくりました。
本家Gibsonも、最近これとほとんど同サイズのCS-335っていうショートスケールモデルを出したらしいから、Grecoは先見の明があったっていうことでしょうか。
どちらのギターも、ブルースをバリバリ弾きまくるにはもってこいの楽器です。高校生の時に「好きな音楽はブルース」と言ったら、教員が「ほう、淡谷のり子かね」と抜かしやがった。森下ハゲ先生の記憶って、それしかないんですけど・・・。
秘蔵のエレクトリック・ヴァイオリンの紹介は、また今度。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

やっと夏休み!

3週間連続全60コマのマラソン講習が終わりました。ノドの強靱さにはかなり自信があったのですが、さすがに最後の2日間は風邪をひいたときのように痛んで、しまいには頸のリンパ腺まで腫れる始末。商売道具なので、ノドのケアには気を遣っているつもりなんですが、やっぱり歳ですかね。お隣の席の英語のG先生なんて、タテ6(1日6コマ)×3週だそうですから、僕の倍近くの量をこなしているわけで、若い人には勝てません。
このひと夏の稼ぎで、ようやく預金残高がプラスになるので、念願の眼鏡でも作ろう。先週あった定期検診では、手術しなかった方の右目にも若干異常があると脅かされて、ちとショック。「暗くて、ボケてて、ゆがんでる」の三拍子三重苦なので(性格のことじゃないよ)、ちゃんとした眼鏡でも作らないと、ただでさえ勉強嫌いがますます勉強しなくなってしまう。

ともあれ、これでようやく待望の夏休みです。

とはいえ、お盆休みだった隣の解体工事も、今日から再開の予定。また朝8時から1日中グラグラ揺さぶられ続けることになります。工事の振動で、屋外の水道栓が付け根から破断して水が噴き出し、応急修理はしてもらったものの、もう一週間も洗濯機が使えない状態。夏場に洗濯できないのは厳しかったっす。清水建設にねじ込んで、修理をさせることにしたので、それが片付いたらパソコン持って山の中へ逃げ出して、本の続きを書くことにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »