2015年3月12日 (木)

HAN日本思想史学宣言

この春「HAN日本思想史学」というプロジェクトを立ち上げます。

 僕が思想史という学問を志したとき、「思想史ならありとあらゆる事象があつかえる」から面白いと思って始めました。人間のあらゆる営みに思想はあるはずです。だから「偉い人の思想はやらない」ことも決めました。理由は単に偉い人が嫌いだから。しかし残念ながら実際の「日本思想史」という学問の主流は、「ありとあらゆる事象」を扱うものではありませんでした。そのことに、僕はずうっと不満を抱き続けてきました。

 日本思想史という学問は、いまや存亡の危機にあります。その理由は、日本思想史自身の問題と、それを取り巻く社会状況の両方にあります。

 日本思想史自身の問題とは、ひと言で言えば「おもしろくない」ということです。なぜおもしろくないのか、それを示す象徴的な経験があります。僕の教え子が某国立大学の大学院へ進み、指導教授に修論のテーマについて相談に行ったところ、「教科書に載っているような人をやりなさい」というアドバイスを受けたそうです。当初は、就職に有利だからメジャーなものをやれということなのだろうと思いました。しかし、あとでそれだけではないということに気づきました。日本思想史とは「倫理」の教科書に載っているような人の思想を扱う学問であると自己規定をすることによって、自分たちの学問を守っているのだと。つまり、日本思想史という学問は、ある種の鎖国状態を続けることによって、自分たちの孤塁を守ってきたのです。だから、决して自分たちの砦の外へ出て戦おうとはしない。そんな研究が、社会にインパクトを与えることなどないのは当然です。

 社会状況の方は、もともと日本思想史を専門とする研究者は少ないので、全国の国立大学にある専任教員のポストを押さえておけば、とりあえずやってこれました。しかし、地方国立大の文系潰しが始まった今、もはやそれも難しくなるでしょう。それで日本思想史の大学教員が絶滅するだけならまだいい。もっと恐ろしいのは、そこへ「日本思想」のポストなら作ってあげようと言われることです。もともとたいしてポリシーのない、ただ偉い人の書いたものを読むだけの研究をしている人は、抵抗なくそれに乗ってしまうでしょう。そうなったら、日本思想史という学問は、消滅するよりもさらに悪いものになってしまいます。今、時代はいつそういうことになってもおかしくない状況になりつつあります。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年1月18日 (日)

センター漢文解説速報!

毎年恒例となっている、どこよりも早いセンター漢文解説速報!

漢文専用ブログの方では、いち早く当日中に公開しましたが、こちらのサイトでも公開します。こちらは細かい誤り等を修正した改訂版です。
今年のセンター試験の漢文は、去年に比べるとだいぶやさしくなっています。
去年の筍の話は、ちょっとひねくれた文章でしたが、今年は素直な感動話で、導き出される教訓も非常にわかりやすいものです。去年よりはだいぶ平均点も上がるのではないかと思われます。

| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

いわき市長選に思う

以下は、いわき市長選の告示前にFBにアップしたものだが、いつのまにか誰かに消されていたもの。市長選も終わったので、記録のために改めて載せておく。ちなみに現市長は落選して、いわき市民の良識が示された。

このところ、たびたび渡辺敬夫さんから「知り合いかも」と言ってくる。どうやら市長選が近いせいらしい。もちろん知り合いじゃないし、なるつもりもないけど。
3・11の直後、僕は教え子たちや知人の安否を知るために、一日中パソコンの前にへばりついて、必死にいわきの情報を収集していた。そこで入ってくる情報は、市長の無能ぶりと市役所の危機管理能力の低さを伝えるものばかりだった。
市長は「逃亡した」という流言が飛び交うほど存在感が希薄で、たまに出てきたと思えば、国や県に向かって「助けてぇ」と窮状を訴えるだけという情けない有り様。「あー、この人はいまだに県会議員の意識から抜け出してないんだ。所詮リーダーの器ではないな」と感じたことを覚えている。最近も、原発周辺地域からの避難民に対する市民の反感を「代弁する」という行動に出て、相変わらず市民の苦情を上に伝えるのが仕事だと思っていて、問題解決のために市長としてイニシアティブを取る気などさらさらないことをさらけ出した。
市役所の危機管理能力については、他の被災市町村がいち早く利用したPF(パーソンファインダー)による安否確認を、現場が前向きに検討したのにもかかわらず、上が県の顔色をうかがって止めた件や、東京23区から救援派遣されてきた腕っこきの行政マンたちに、学生ボランティアでも充分な競輪場の救援物資運びをさせた件など、挙げたらキリがない。あきらかに市役所の能力を超える事態が起こっているにもかかわらず、自分たちで仕事を抱え込んでしまったために、パンクを起しているという風に見えた。
案の定、いわきは物資の流通が止まって陸の孤島化し、3月末に僕は友人と山間部に取り残された檀家さんたちのために食糧と医薬品を満載した4WDで駆けつけることとなった。
当時起きたことは、きちんとした備えができていなかったのだから(もちろんそれ自体問題だが)、仕方のない面や同情すべき点はある。しかし、問題はあれから2年以上経つのに、あの「いわきパニック」がなぜ起きたのかについて、きちんとした検証が行われ、再発防止のために具体的な施策が打たれたという話を聞かないことだ。それどころか、「もう忘れてしまいたい」という空気すら漂っている。
現市長は当たり前のような顔をして再選をめざす気でいるらしい。いわきの自民党は、本気でこんな人物を再び推す気でいるのだろうか。だとしたら、あきれる他はない。
今いわきに必要なのは、30年後、50年後、どのようないわきをめざすのか、そのビジョンを語れる人間ではないのか。具体的なビジョンは無理だとしても、50年後のいわきをどのような町にするのか、市民と共に考える姿勢を示せる人間ではないのか。今の市長を再選するということは、いわき市民が「とりあえず、今のままでいい」という選択をするということだ。もしそんなことになったら、もはやいわきには復興も未来もない、と僕は思う。
僕の教え子たちを含めて、いわきの若い世代の人には、自分たちが愛するこの町のために、ぜひ今こそ立ち上がって欲しいと切に思う。

| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

「大神社展」

Daijinja 行ってきました、「神社展」。

しかし、このまるで百貨店の催し物みたいなタイトルのネーミングセンスのなさはどうしたもんでしょうね。この「」は、Greatって意味なのかしらん。でも「大寺院展」とか「大教会展」とかのおかしさを考えて見れば、わかりそうなものだけど。

などとブツクサ言いながら、オープンカレッジの受講生の皆さんと金曜日の午後4時に現地集合。混雑を避けるために夜間開館を狙ったのですが、その心配はいらなかったようで、かなり空いていました。やっぱり阿修羅くんとか「清明上河図」とかの集客力のあるスターがいないのは辛いなぁ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年4月 3日 (水)

お伊勢参り(その2)

お伊勢参り二日目は、朝6時半からの早朝参拝。崇敬会の職員のガイドで1時間半余りかけて内宮を回ります。これが神宮会館に泊まるメリットですね。そう言えば、神宮会館は今年の式年遷宮に合わせて部屋をリフォームをしたようで、トイレやバスルームがピカピカに新しくなっていました。これでこの値段はお得だと思います。
僕たちのガイドをしてくれた職員が、手水舍が前を歩く団体でいっぱいと見ると、機転を利かして五十鈴川の御手洗場の方へ案内してくれたので、より江戸時代に近い参詣ルートを取ることが出来ました。

Fumazu

ちなみにこちらは荒祭宮へ降りる石段の途中にある踏まず石。外宮でも石を撮ったので、こちらも。
お石参り、なんちゃって。

内宮の荒祭宮、外宮の多賀宮は正遷宮に続いて遷宮が行われるため、もう新しい社殿が出来上がっていました。外幣殿は一足早く新しくなっていました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年4月 2日 (火)

お伊勢参り(その1)

3月半ばに、早稲田大学オープンカレッジの受講生の皆さんとお伊勢参りに行ってきました。

201303144515

昨年度の講義では、「伊勢神宮の虚像と実像~伊勢神宮をよむ」と題して、前期は奈良時代以来の神宮の歴史と神宮をめぐるさまざまな言説を、後期は鎌倉時代から幕末まで十数本の参詣記を読んで参詣者の意識の変化を見てきました。となるとやはり仕上げとしてお伊勢様にお参りしないわけにはゆきません。というわけで、総勢9名でのお伊勢参り旅行と相成りました。

一日目は伊勢市駅を出発して、月夜見宮から外宮参拝~せんぐう館~間の山~古市参宮街道資料館~おかげ横町~神宮会館(泊)。二日目は内宮早朝参拝~朝熊山金剛證寺~二見ヶ浦~塩焼殿神社~伊勢河崎~滝原宮~斎宮歴史博物館~旧伊勢街道~伊勢市駅という旅程で、伊勢を堪能しました。

Iseudon

一日目のお昼はお約束の伊勢うどん。皆さんに「期待しないで下さいね」とよくよく言い聞かせてから行ったのですが、これが意外!これまでさんざんけなしてきた伊勢うどんですが、初めて美味しい伊勢うどんに出会いました。探せば,美味しい店はあるものですね。伊勢は来る度に新しい発見がありますが、今回はいきなり「おいしい伊勢うどん」という大発見が。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

CDデビュー決定!

Cdcover

調子に乗って、ついにCDデビューが決定しました。

タイトルは"The Fiddler on the Blink"

目指すはJazzとバイオリン演歌の融合。

4月1日発売!

頒価1500円

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

センター漢文解説速報!

毎年恒例、どこよりも早いセンター試験漢文の解説速報です。

大手予備校も当日中に問題講評は出しますが、全文の書き下し・現代語訳と全設問の解説を当日のうちに出しているのは、たぶん僕だけです。

同業者の方もご来観大歓迎。

それでは解説プリントはこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

笑劇のデビュー

2013年チャレンジシリーズ、「和服で授業」につづく第二弾は、

Imgp0262 なんと吉祥寺のJAZZクラブでライブデビュー!

友人のDr.OGURI(写真右)に誘われて、ステージにあがってしまいました。なんとバイオリンを弾くのは実に45年ぶり、しかもJAZZを演奏するのは初めてという暴挙!

ギターならまだしも、エレクトリック・ヴァイオリンでJAZZに挑戦。練習したのは今日の昼間を入れて三日間くらい。音が出るだけえらい。

次はもっとちゃんと練習して出よう(って、早くも懲りずにまたやるつもり)。

夢は大きく、このO.K.Brothersで”It's Allright with Me”(もちJ.J.Johnson & Kai Windingバージョン)を演ることです。おったのしみにー。

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

新年のご挨拶

皆様、あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します。

Facebookを始めてから、Blogの更新が滞っていて申し訳ないです。授業が始まると忙しくてなかなかBlogを書いている余裕がなくて。
もう少し発信することも考えないといけませんね。

今年の抱負ですが、一応本を出す予定です。内容はまだ秘密ですが。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«極楽、極楽。